磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年07月09日掲載文

南のYO-KO氏のレポート

イサキ狙いが‥

皆さん如何お過ごしでしょうか。こちら宮崎はもう少しで梅雨明けかと思います。7月6日の釣行は、夏のイサキを狙って県南の磯に予約を入れていたのですが、前日のお昼に船長さんから波と風が強くなるので、明日は「釣り辛いので止めたほうがいいよ…と」連絡がありました。諦めきれずに、ならば、県北:門川(磯八丸)に電話すると「いいが…出て来ないよ…5時30分出港だよと」
当日は、全員で上物3名と底物1名の釣り人でした。港から出て来る他の渡船4隻の乗船者も、この時期の暑さは辛いので少ないようだった。

船長::イサキ狙いでお願いしますと言って上がった瀬は小枇榔の無名瀬でした。潮が良ければ深タナの沖流しでイサキがあたるとの事でしたが、イサキどころか何の気配もなく時間は過ぎて行きました。仕掛けチェンジで000のウキに変え、瀬際から竿3本先付近に「沈め…」反応はすぐに。仕掛け投入後のラインフケを引き寄せ、直線になった道糸を少しずつ送ってやると、「ゴツンと手に伝わるアタリと共にラインが引かれていく」これの繰り返しで得た釣果は、50を筆頭に6尾の良型メジナ(口太)でした。

今日の釣りはこれだけでは無かったのです。強烈な引きは多分尾長だったのでしょう。二人して11回の高切れやハリス切れは悔しい釣りになりました。当日のラインは1.5号でハリスは1.25~1.7号までしか持ってないので、姿見せずの強烈な引きにはかないませんでした。途中から「強烈なやり取り」がふわっと軽くなるのは悲しくなりますね。手持ちのウキ(00~000)も無くなり、0にガンダマ:B/2Bにガンダマのマイナス浮力調整で沈めの釣りを続けて行き、納竿まで直結仕掛けの高切れで、ロスしたウキは二人で8個でした。

後で聞いたのですが、先日釣りともが上げた50オーバーの尾長は、3号竿のライン6号:ハリス4号だったとの事。一発狙いなら太仕掛けで狙えばゲット出来るでしょうね。
閃烈ミドルの4~5号の針は1袋使い、ほとんど?の口元に刺さったままロスになりましたが、獲物を捕らえる鋭い針の実力は、今回も沖磯で実証されました。
次は、夏の夜長に「尾長を」狙って出掛ける計画を::YO-KOでした。

  • 001

  • 002

  • 003

page top