磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年11月13日掲載文

八次秀樹氏のレポート

秋の近場釣行

秋から冬に代わるこの時期、近場でもそこそこ楽しめると思い、崎戸大島に出かけてみた。
ポイントは鉄塔下と言う磯で、崎戸大島と九州の瀬戸にあるハナレ磯である。
水深は浅く、沈み瀬が転々とするフィールドだが、瀬戸と言う事で、潮はよく動き、魚影も濃い場所だ。
0号のチヌ竿で引きを楽しむ、センレツ グレ、ミドルの5号を中心に、針のバリエーションを変えながら、釣る事にする
1投目からの竿ひきのアタリがきた!まさかと思いながらのやり取りであったが、ナント30センチの口太であった、このフィールドではまずまずのサイズ、幸先がよい、しかしその後は、やはりサイズダウンしてしまい、28、25センチとなかなか思うようにいかない、潮の中に仕掛けを入れると、バリやイスズミ、の活性が高く、外道のオンパレードとなってしまう。
そこで、刺しアミの付け餌で、針を渋グレの5号にする、ハリスは1号と細くし、チモトを1.25号で補強する、そして流れの淀んでいるところを流してみると、再び竿ひきのアタリがきた!これは尾長の35センチであった、まさかの尾長登場で、気合いが入ると、立て続けに、いいサイズが食いだしたのである。30~35センチが連続してくる、近場とはいえ、時期と、潮に恵まれたのか、入れ食い状態になるとは!やがて潮の角度が変わり、バリが食いだした、そこで、針をさらに小さい、小針の4号に替え、仕掛けの投入ポイント沈み瀬付近にすると、また、クロがアタリ出した!口太がほとんであるが、27~35センチまでを20匹程キープすることが出来、大満足の釣行となった。
今後は沖磯に限らず、近場でも高確率で、良型が食いだす時期となるので、近場からも目が離せない、数を釣るなら今がチャンスであろう!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

page top