磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年11月15日掲載文

山田圭介氏のレポート

閃烈グレで鮮烈な印象を残す in 大分県鶴見

釣行場所:大分県鶴見
渡船:速見丸
釣行日:11月10日
山田 圭介(閃釣会、九州真ぐれ会、チームグレリズム)

クラブのメンバー数人で11月10日から五島釣行を計画したものの北西風が吹き荒れ、激シケ。釣り人の「性」なのか…。一度、釣行計画を組んでしまったからには竿を出さないと気がすまない。そこで全員一致で北西風に比較的強い大分県の鶴見へと釣行が決定した。21時にメンバー5人で鶴見に向けて出発し2時頃到着したが予想以上に風が強く吹き付けている。3時出港の速見丸に乗り込んだ直後の船長の第一声は「今日は風が最悪だよ。悪い時に来たね~」と…。何と大分の方面は北東風が吹きつけていたのだ。普段でも釣り人口が多い大分県。土曜日で…。米水津では他メーカーの大会が開催され…挙句の果てには北東風が吹きつけている。案の定、風裏ポイントになりそうな場所では無数のキャップライトが辺り一面で光を放っている。とりあえず夜が明けるまで3人で竿が出せる大きなハナレ瀬に上礁し2号ハリスにグレリズム9号を結び付け夜釣りを開始した。すると数投後にウキが消しこみアワセを入れると重量感タップリの魚が竿に乗ってきた。しかしタモを手に取った瞬間に針外れをやらかしてしまった。

一方、水道側で竿を出していた森君が何やら格闘しているようだ。慎重にやり取りをしながらタモに納まったのは60cmオーバーのコロ鯛であった。その後、しばらく仮眠をとり東の空が薄っすら色づき始めた午前6時ごろから仕掛け作りに取り掛かる。0号ウキとのバランスを考慮してハリス1.5号に閃烈グレ(ライト)5号を使用し上層をイメージした仕掛けを組んでみる。すると瀬際を漂うウキが一気に消し込み35cm級の口太が姿を現した。数分後、森君も同サイズをヒットさせた所で早々に見回りにきた「速見丸」に乗り込み、瀬変りすることになった。しかし、上がる場所がなく彷徨い続けた結果、底物釣りとフカセ釣りの間の5メートル程の狭いスペースに田中君と2人で瀬上がりしたのはいいのだが…竿1本先までハエ根、しかも右側には満潮時でも頭を出しているような瀬が突き出している。

まさにこの場所を避けて両サイドの釣り人が竿を出している状態。しかも潮は突き出している瀬の方へと流れている。右側で竿を出している先客の手前までにはグレに口を使わせなければならない。そこでキザクラGTR沈め000のウキに変更し1.25号のハリスを1ヒロ半とやや短めにとり自重がある閃烈グレ(ヘビー)6号を結びつけ足下の吸い込む潮から仕掛けを投入する。仕掛け全体に張りを作り下層をイメージしながら流していくとラインが加速した。竿を突き出しながらハエ根を交わしタモに納まったのは47.8cmの口太であった。今回の釣行では気難しいグレを攻略することはできなかったが針の特性や自重を理解し使い分けることが「引き出し」を増やすことに繋がっていくのではないだろうか。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top