磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年11月30日掲載文

関淳二氏のレポート

T-HUNTERの秋の大会

11月18日(日)私の所属クラブT-HUNTERの秋の大会を大分県鶴見の磯で開催しました。
当日はクラブ員9名が参加し、強風が吹き荒れる中、何とか竿が出せる場所を選び、私は久保田氏と「枯松横」に渡礁しました。
朝6時30分の夜明けより準備を行い、針はヤイバグレスリム7号を1.5号のハリスに結び釣り開始。
潮の状況は沖からの当て潮がきつく、瀬際で左方向へと弾かれる、更に強風の影響でライン操作が困難なため、何とも釣り辛い状況でした。
風や潮の状況を考え、B浮力のウキを使い、ウキ下5mからゆっくり沈むようにガン玉で調整すると、ウキがスッと入るが本命では無くイサキでした。
更に、瀬際で30cm級の口太を取り込むと、ハリ「ヤイバグレスリム」はガッチリと上唇を貫通しており、刺さりの良さは実感。   その後、更なる大物を狙おうと、瀬際をしつこく攻めたが、本命のアタリは無く、12時の納竿時間となりました。
帰港後、検量に持ち込んだのは、9名中3名で、当日の状況の悪さが伺えました。
この悪条件でのワンチャンスに、小さいアタリでもガッチリと唇にフッキングするヤイバの針は最高の武器である事を実感しました。

結果は
優勝 迫田氏 3尾 104cm 高手南
2位 阿南氏 2尾 63.5cm ウノトマリ
3位  私  1尾 30cm 枯松横
他魚の部 久保田氏 イサキ 35cm

入賞者には、協賛して頂いた、ささめ針よりハリのセットを景品として贈呈致しました。大変ありがとうございました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top