磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年12月05日掲載文

大木朗氏のレポート

横浜真ぐれ会の例会

所属クラブである横浜真ぐれ会の例会、2012年のファイナル例会が南伊豆町大瀬で開催されました。毎年、年末(12月)に行われる例会には豪華な景品も用意され参加メンバーはテンションMaxで挑みます。
この南伊豆大瀬の磯は伊豆半島でも人気が高く、沖磯は勿論 地磯に近い場所でも絶好の釣りポイントとなり、釣れる魚の種類も豊富で(メジナ・イサキ・イシダイ・モロコ・・・など)年間を通じ多くの釣り人を魅了しています。
磯割りは公平にくじ引き抽選を行い、私は第二便にて大瀬の港から見える大きな磯、『鵜の根』に他のメンバー3名で降り、選択権のない私は強い西風を正面から受ける港向きの釣り座となりました。
左前にある沈み根周りを狙い ヤイバ渋グレ5号から開始。
完全フカセにて1投目から針が無くなって帰ってきます。
すぐに渋グレヘビー6号に替えると尾長の20cm~25cmが連続してヒットしてきます。
さらにジンタン6号を追加すると今度は同サイズの口太やイスズミが釣れ始めました。
サイズアップを目指して試行錯誤するも、しだいに強くなる西風の影響で思い通りにならないまま時間だけが過ぎて行きます。水位が下がって手前右方向に海溝が見えてきた時、もしやと思い少量の撒餌に合わせるように仕掛けを流すと 微かにウキに反応があり軽く聞き合わせてみると強烈に竿先が持って行かれました。
40cm近い口太をゲット!
その後も沖側と手前とを交互に攻めながら結果38cm前後を6枚ほどキープし
磯上がり時間となりました。
港に戻ると既に第一便で戻ってきていた神保秀明フィールドテスターと斎藤利之フィールドスタッフのニコニコ顔の姿が・・・両者共さすがに良型をキープしている様子でした。
全員が港に戻りその場で厳密に検寸が行われ、結果発表と食事は南伊豆弓ヶ浜「青木サザエ店」さんにて、25cm以上のメジナ3匹の合計長寸で争われました。

優勝 大木 朗(私)
2位 斎藤 利之
3位 神保 秀明
結果としてヤイバスタッフによる上位独占という形となり、
改めて「ささめ針」の強さを実証できたのではないでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top