磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年12月07日掲載文

田代智之氏のレポート

「クロ」釣りのシーズン到来

冬の寒さが感じられるようになった。いよいよ「クロ」釣りのシーズン到来である。今回の釣行は、大分県南の鶴見である。この時期の鶴見はアジ・サバの回遊が見られ、群れに当たると、入れ食い状態になることも多々あるようだ。今回の磯は、鶴見でも有名な「小バエ」である。この時期は、有名ポイントの場所確保が大変である。メンバーは、いつもの福盛さんと後藤君である。竿出しが午後1時!この磯は、下げ潮の釣り場。上げ潮は速い激流となって釣り辛い。干潮が午後3時過ぎである。現在、良い感じで下げ潮が動いている。緩やかな左流れに乗せて撒き餌と仕掛けを同調させて流した。
現在は、潮の流れが緩やかなので、ハリスを竿1本とった。針はヤイバのプロフェッショナルグレの5号を結んだ。基本、ヤイバの針の針掛かりの良さには定評があるが、この針は軸が細く、クロに違和感なくツケエを食わせる事が出来る。最近お気に入りの一本である。ツケエは沖アミの生である。私は、大分のクロ釣りでは、針の選定に欠かせない条件がある。軸が細くて強い!ことである。軸が太いとどうしてもツケエの落下速度が速くなる。クロに違和感を与えないで食わせたい!そこで、軸が細い針にこだわってしまうのである。軸が細いと折れる心配が頭をよぎる。しかし、今までに出合った針は、何かしら折れてしまうことがあった。しかし、ヤイバのプロフェッショナルグレを使い始めてからは、未だに折れた経験がない。信頼の一本である。私の針ケースの中には、プロフェッショナルグレの6号から4号までと渋グレの6号~4号までは常備されている。この渋グレは、超軽量化されており、抜群の針掛かりをする。
今回の、鶴見釣行でも、沖に払い出す潮の中から、30㎝級のクロが入れ食いになった。その中から、45㎝近いクロを簡単に釣り上げてしまう!途中で、クロの食いが渋くなったので、渋グレの4号に変更をしたら、クロの食い気が再び上がった。針の重要性を感じた一コマであった。
今回の鶴見釣行、クロの型は出なかったが、数釣りは充分堪能出来た。これから日に日に寒くなってきて、クロの型もサイズアップしてくる。万全の体制で50㎝オーバーを捕りたいものだ!しばらくは、大分県南の磯に通いそうだ。嫁さんの顔色を伺いながら…

  • 001

  • 002

page top