磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年01月18日掲載文

南のYO-KO氏のレポート

此処に上がる人・・いますか?

大会予定日も大きな低気圧が通過しましたので、TEAMの懇親会は順延(1月27日)になりました。そんな天候も少し落ち着きをみせた16日 前回の釣行と同じ渡船/エリアになりましたが、初めて上がる瀬で・・なんと・・釣れすぎ!
ゆっくり時間の8時頃出船でした。渡船:マリンブルーは南に進みながら、うねりの残っている海上を見定めながら、上がり瀬を選んでいるようでした。初めの瀬は宮崎県南では「有名なゴットリと言う名の瀬」半分以上波が上がっていましたが、船長判断で高台はOKとなり・・・「此処に上がる人・・いますか?」と一声、誰も返事しません。やはりうねりが気になるのでしょうね。皆さんの様子をみていますが・・今だ無言。私の専属カメラマンが大きな声で=上がりますと・・なに!上がるんかい・私はすこし怖かったけどね。
満潮は9時30分頃だから注意しながらの釣り開始、注意はしてたが「やってしまいました」準備Okの海水満タンのキープバッカンが、突然の波に・・・浚われました。「キープバッカンを浚ったビッグウエーブから身代金の要求もありませんが、船長に連絡して10分後には波に漂う白い身柄を回収しました。
そして、またまたやってしまいました=次は、釣果のメジナを運んでいる時、離れた釣り座に大波が・・・バッカンと杓が後ろ側に流されています。汐の引き際に大きい波が来るからねと。。船長が言っていたが、釣果の嬉しさに忘れていた。緊急連絡をもう一度(船長に感謝)何処かに瀬替わりしますか?・・
いいえ此処で頑張りますと。これが最後には良かった判断でした。それから・・釣れる!釣れる・・引ったくる引き!ばらす!が交互に・・こうなればお決まりの仕掛け、1ヒロの固定にチェンジで入れたらすぐにウキが消し込む=良型ヒット&ゲットで楽しい。
閃烈グレ・ミドルのピンクは3号から4号へ、そして5号へと替えていきましたが、どれもズバリ口元に刺さっていました。今はこの針をベースで使っています。
腕が痛くなりました・嬉しい疲れです。納竿も早めにしてのんびりしていると、目の前を船長の船が通り過ぎていきました。遠くの瀬から回収が始まるようです。
40弱から40オーバーを13尾(私は6尾で後は?)と足の裏サイズを数尾持ち帰りました。今日はカメラマンも頑張って釣りを楽しんでいました。グレのお腹は白子が小さめでしたので、これからが楽しみな宮崎の磯です。次は何処かな?とニヤニヤの YO-KOでした。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top