磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年02月13日掲載文

山田圭介氏のレポート

閃釣会大会レポート

釣行場所:上五島 沖黒瀬
釣行日:平成25年1月31日
(中潮:干潮7時30分・満潮11時)
渡船:(浜本釣りセンター アクアライナー)
山田 圭介
私が会長を務めている「閃釣会」の大会が1月31日に上五島で行われた。会員全員がTEAM YAIBA佐賀支部に所属しており会員数人の欠席があったもののオブザーバーを含めた13人での開催となった。3時に平戸の西浜港から出船する浜本釣りセンターのアクアライナーに乗り込み約1時間で小値賀沖に到着し帆揚瀬から瀬付けが始まり私は沖黒瀬のハナレに上礁し6時頃から仕掛けの準備に取り掛かる。朝マズ目は閃烈グレ7号からスタートしたものの一投目から小アジの連発となり、撒き餌を足元のみに打ちその足下から延長線にある潮筋を狙ってみるとウキに反応がないままツケエがなくなっていた。そこで0号ウキにプロフェッショナルグレ5号(ライト)に変更しタナ2ヒロで上層を狙ってみると一投目から35cm級の尾長がヒットしてきた。海の中は「寒グレ」と言うより「梅雨グレ」シーズンを思わせる状況である。その後も一投一匹状態で入れ食いモードであるがサイズが伸びない。3尾長寸で競われるだけに35cm級では勝負にならないのは承知の上。更なる大型を狙うべく35cm級の活性の高い尾長は「エサトリ」と言う風に考え、針を自重がある尾長グレリズム6号に変更し大型が潜むであろう下層を狙ってみる。すると変更した数投目であった・・・。上層に群れている活性が高い尾長のポイントを避け下層を流れるツケエにグレが見事に反応し、本日最大魚となる47cmの口太グレがタモに納まり、立て続けに同サイズがヒットしてきた。しかし健闘虚しく、オブザーバーで参加の若竹君が帆揚瀬のハナレで50cmの口太を数枚揃えており優勝、同じく帆揚瀬のハナレに上礁した田中君が2位、私は3位入賞となった。
今回、YAIBA―Xからの協賛品もあり、その賞品を手にした参加者の満面の笑みが特に印象に残った。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top