磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年03月08日掲載文

田代智之氏のレポート

米水津 名礁横島3番釣行

寒グロも最終に近づいている感があります。しかし、この時期のクロは、脂が乗っており、食しても最高、しかも、まっとりとした白子の美味しいこと! 厳しい状況であることは、分かっているのですが、大分の米水津の名礁「横島3番」を予約しているので、レッツ!ゴー! いかなるドラマが待っているのやら…
釣行日は、3月2日です。クラブ員の福盛さんと後藤君、釣友の中村君、西岡君の5名です。水温は15℃ジャスト!ここ数日は、同じ水温を推移しているみたいです。事前の情報では、鶴見半島一帯は、クロの食い気なし!沖の黒島一帯は、場所ムラはあるみたいだが、5、6枚釣れているようです。肝心の横島一帯ですが、2日前は、横島3番でも全体で数枚しか釣れていない、という厳しい状況のようです。
さて、午前4時出航の「政進丸」で横島へ向かいました。週末ということもあって、名が付いた磯は、キャップライトがチカチカ! 上礁後、磯宴会?の後の午前7時30分から実釣開始である。潮は、良い感じの右流れである。「クロが食ってくる棚は深いよ!」と、聞いてはいたが、朝マズメは、意外に浮いている事が多い!そこで、仕掛にガン玉を一切打たない、完全フカセで狙ってみた。ウキは0αである。仕掛が馴染んだら、ウキがゆっくりと沈んでいく。仕掛の張りを意識して、ツケエ先行をイメージした流し方をした。針は、やや比重があり、誘いにもツケエがしっかり崩れないYAIBAフカセ遠投2号を結んでいる。しかし、ツケエはきれいに残ってくる。だが、何か気配を感じる。辛抱強く、繰り返し仕掛を打ち返した。その内、ウキが沈んで、仕掛が馴染んだと同時位に、穂先にコツコツと当たりが出た。仕掛を張ってみたら、ドーンと竿に乗った。
リールから道糸が出て行く。ハリスは1.5号なので、慎重なやり取りをした。レバーは使わないで、ドラッグだけの調整でクロを寄せてくる。何度かの締め込みの末、上がって来たクロは、久々のデカグロであった。(後で、計測したら50㎝あった。)この一匹が出たことで、気持ちに余裕が出た。クロはいる!前回の釣行に比べたら、クロの食い気があるようだ。
完全に日が昇った。ツケエも変化が見られなくなったので、ハリスにガン玉を打って、より深い棚を狙ってみた。ツケエは残る事が多いが、ツケエが無くなることもある。間違いなくクロの仕業だと思う!ガン玉の位置、大きさ、ウキ、針の選定など、考えられることは、みんなやった。その結果、サイズ的には納得しないが、30㎝から35㎝のクロが11枚クーラーに収まった。この時期としては、上出来ではないだろうか!
帰ってから、クロを捌いてみたが、白子は、まだまだ小さいのが多く、産卵が遅れているのがわかる。これから、水温の上昇に伴い、クロの食いも幾分かは戻ってくるものと思われる。ただ、クロが、当たってくる棚は様々で、思いきった仕掛でチャレンジしてみるのも面白いのではないだろうか! 脂が乗って美味しい寒グロを狙っての釣行がこれからも続く。

  • 001

  • 002

page top