磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月02日掲載文

和泉照一氏のレポート

中泊の尾長釣り。

4月22日、20日から夕釣りが始まったばかりの中泊へ、朝夕通し釣りに行ってきました。
朝釣りで下りた磯は尾長狙いの一級ポイント大三角。
この日は北寄りの風が強く釣り辛い状況でしたが、頑張ってチョボで竿を出しました。
潮はゆっくりと動いていますが、風で道糸操作もままならない状況。
海の中の状況も悪いのか、沈黙が続きます。
そんな中待望のアタリ!
結構強烈な引きに尾長と思いつつ慎重にやり取りし、上がってきたのはなんと口太グレ。
44センチの良型でしたが、尾長狙いとしては全然物足りません。
気を取り直して釣りを再開。
続いてあまり抵抗もせずすんなり上がってきたのは38センチの尾長グレ。
しかしここは大三角、まだまだ納得出来るサイズではありません。
暫く打ち返していると、今度はバチバチっと勢い良く道糸が弾け飛んでいく強烈なアタリ!
コイツはデカいと急いで磯際に駆け下り戦闘態勢に。
ガンガン下に突っ込む魚をやっとの思いで止めきります。
途中2度程張り付かれ、ラインが根に擦れる感触が・・・。
そして慎重に取り込んだのは53.5センチの尾長グレ。
ハリスも道糸も傷だらけでした。
久々の50オーバーの尾長に感激です。
しかしこの後アタリは遠のき朝釣りは終了に。
一度帰港し、続いて夕釣りに突入です。
夕釣りで下りた磯は本源氏。
源氏周辺も大三角に並び大型尾長の実績の高い激アツポイント。
北西風に強いこの釣り場は朝と違ってほとんど風の影響はありません。
しかしこの所あまりいい情報が無いのも事実。
案の定マキエを撒いてもエサ取りも見えず、色々探ってみてもサシエも落ちません。
そんな状況が一時間ほど続いた頃、いきなり道糸がバチバチっと豪快に弾け飛んでいくアタリが!
必死に止めきり、やっと止まったかと思うと今度は根掛かりしたように動きません。
明らかに朝の魚よりデカイ。
満月のように曲がったロッドの竿先を見ていると、少しずつ少しずつ動いているのが分かります。
潮流も手伝って、重量感は半端ではありません。
魚を怒らせないようゆっくりゆっくり間合いを詰めていきますが、時折襲って来る重量級の引きはいとも簡単にドラグを引きずり出して行きます。
そんなやり取りを何度となく繰り返し、無事タモに収まったのは58.5センチの尾長グレ。
久々のビッグサイズにまたまた感激です。
その後納竿間際に48センチの尾長を追加し、夕釣りも終了となりました。
今回使用したサイト尾長ヘビー7号、何れの魚もバッチリ口元に掛かり重量級の引きをしっかりと受け止めてくれました。
大型尾長狙いにはとても心強いアイテムですね。
竿   ダイワトーナメントISO T 1.5-52SMT
リール ダイワ09トーナメントISO Z 3000LBD
道糸  ダイワ トリプルテン 2.75号
ハリス ダイワ グレイト Z カスタム 2.5号 2.75号
針   ささめ針 サイト尾長ヘビー7号
ウキ  プロ山元SB、S3B
渡船  ながはま渡船

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

page top