磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月16日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

紀東の錦への釣行レポート

釣 行 日:平成25年5月14日(火)
釣行場所:三重県錦
使用渡船:坂口渡船(Tel 0598-73-2654)
対 象 魚:口太グレ、尾長グレ、イサキ
同 行 者:フィールドアドバイザー長谷川英人
報 告 者:ササメ土屋
今回は紀東の錦へ行って来ました。 このエリアでは、冬から現在まで安定して口太グレの40cm~50cm、尾長グレの40cm前後が釣れており、イサキも大型だと40cmクラスが釣れているとの事で、この錦の常連でもあるフィールドアドバイザー長谷川氏と一緒に行って来ました。
大阪から約2時間で行けますし、大型グレも釣れるので、なかなか良いフィールドだと思います。
午前5時に港を出船し、私たちが乗った磯は「双子の西」。良い磯らしいのですが、釣り始めてみると、潮が当て潮で左右にふらついており、魚がなかなか当たって来ません。 そうこうしていると、長谷川氏は1枚、2枚と30cm半ばの口太グレを釣り上げています。
私は、潮が満ち潮から引き潮に変わり、手前のサラシが取れた頃から、やっとポツリポツリと35cmから40cmの口太グレが釣れました。
当日は夕方5時までの釣りで、ラスト2時間くらいが面白い釣りが出来ると言うことでしたので、夕方3時頃から気持ちを入れ直し集中をして釣りをしました。
長谷川氏はこの時間帯から尾長グレのアタリをキャッチし、やり取りをしていましたが、結構型が良さそうなグレの勢いを止める事が出来ず、道糸から切られていましたが、次のアタリで取り込んだのは尾長グレの30cm後半のサイズでした。 その後口太グレの46cmも釣り上げていました。
私もその後、イズスミやサンノジに苦戦をしながらも、大きなアタリでラインブレイクもありましたが、何とかグレを釣ることが出来ました。 トータル二人で15~6尾でしたが、尾長グレが当たる釣り場と言う事で、気の抜けないスリリングな釣りを楽しむことが出来ました。
こちら紀東方面はまだまだグレが釣れるシーズンが続きますので、皆さんもデカバンを狙っていかれてはいかがでしょうか?

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top