磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月21日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島クロ狙い釣行

私のホームグラウンド北九十九島では乗っ込みのチヌはほぼ終息を迎えたようで、少しずつクロの釣果が聞こえ始めてきた。先月末に行われた第1回長崎支部懇親釣り大会でもクロの釣果が上がっており、同じエリアにクロ狙いで釣行してみた。
5月8日午前11時石井釣りセンターの船に乗り込み出船。船長に状況をうかがうとコッパグロが多いらしく、その中から足裏サイズを釣らないといけないそうだ。それと粘りも必要とのこと。最近の状況を踏まえると足裏サイズ3匹を釣れば良い方らしい。港から約10分高島にある西泊の磯に上げてもらうことにした。まずは海の様子を観察。するとマキエを撒く前からスズメダイがチラホラ泳いでいる。そこでマキエは遠投が効くように仕上げ次に仕掛けを作る。この一帯はクチブトがメインのためハリはグレリズムもしくはグレスリムの4号をメインに使用する。九十九島ではよく30cmオーバーのクロを釣れば沖磯で釣れる40cmオーバーのクロに匹敵すると言われているため、船長は足裏サイズと言われていたが30cmオーバーのクロを求めて釣り開始。足下にマキエを入れるとやはりスズメダイが群がってきた。しかし、その中にコッパグロも混ざっている。手前に多めのエサ盗り用マキエを入れ沖に仕掛けを遠投して分離して狙ってみる。するとすぐに反応があらわれ足裏サイズのクロをゲット。続けて同じ所でアタリがあったがこれは手のひらサイズ。時間の経過とともにクロの活性が上がってきたようで釣れてくる魚体はきれいなブルー色をしている。しかも浅い層まで食い上がってきているようで水面に波紋ができている。そこでウキ下を浅くして仕掛けを張って待っていると道糸がビューンと走った。この釣り方で手のひらから足裏サイズのクロが釣れ足裏サイズのみキープしていく。夕まずめ待望のそして本日最大の30cmジャストのクロをゲットし19時納竿とした。
九十九島の磯ですが昨年の梅雨時期は40cmオーバーのクロが釣れたと聞いてます。
たまにこういうサイズも飛び出しますし、波も穏やかで足場も比較的良いので足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

page top