磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月07日掲載文

近藤龍氏のレポート

平戸市阿値賀島釣行

梅雨グロシーズン到来ということで長崎県平戸市の浜本釣りセンターから阿値賀島に行ってきました。
6月3日、港に着くと前日からの風が収まらず強い北東の風が吹いていました。上がれる場所も限られた中、風裏となる上阿値賀島の西の地に船を着けてもらいました。まずは朝まづめ尾長も視野に入れてハリは尾長サイト(ホワイト)6号を結んで釣り開始。前日にも釣り人が上がっていたようで釣座にはマキエの後があり、足下にマキエを撒くとさっそくスズメダイの群れ。数十分後、スズメダイの下にコッパグロ数匹を発見。足下にエサ盗り用のマキエを多めに入れ少し沖を狙ってみると、その1投目で30cmの地グロをゲット。その後エサ盗りに苦しみながらも同型のクロを2匹追加して瀬がわりすることにしました。場所は西の地の右沖にあるハナレ磯、西の瀬に夜釣りの方と入れ替わりで上げてもらうことにしました。ここはマキエを撒くと足下から沖までエサ盗りだらけで2~3時間はエサ盗りの猛攻にあいどうすることもできませんでした。そして左に流れていた下げ潮が変わりかけたときチャンス到来。潮が沖にでていくようになりました。するとモゾモゾとウキに反応があり、いきおいよく海中に消えていきました。なかなかの重量感で手前まで寄せ姿を確認すると40cmオーバーのイサキ。しかしこの後の突っ込みでバラシてしまいました。そしてすぐに同じポイント流していくと再びアタリをとらえました。今度は先ほどのイサキよりもさらに重量感があり、なんとか手前まで寄せてきました。しかしなかなか浮かすことができず数分のやりとりの後、姿を確認できないまままたしてもバラシてしまいました。この後右流れの上げ潮に変わりイサキとクロ最大35cmを釣り悔しい思いのまま16時納竿としました。
今回は良型を掛けたものの2回のバラシと自分の腕の未熟さを痛感させられた釣行となりました。阿値賀島いつかリベンジしたいと思います。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

page top