磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月25日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

日本グレトーナメント小豆島・家島大会

日本グレトーナメント小豆島・家島大会に徳島から9名で参加してきましたよ☆
主催者の丸島会長とは仲良しで毎回参加してる大好きな大会の1つです!
上がった磯の名前は知りませんが
なんせ釣りを開始する前からエサトリのサヨリ、オセン、キュウセンベラなどが見え木っ端グレすら上層に現れず釣りにくい状況・・・みんな聞くと!どこも同じ状況らしい。
エサトリはキュウセンベラが手強いだけで後は活性の強弱が解るのでやりやすい。
最初は0のウキに1ヒロちょいにジンタンB~2Bを針上30センチのとこに付け、張り釣りで3ヒロ辺りで喰ったのでタナをチューニングしながら23~30センチぐらいまでを20匹以上は拾えました。
*大会は10匹の重量
その他、35センチのアイゴと31、38センチのチヌが釣れた。
しかし同じ船のメンバーらは3枚とか、スタッフの真実ちゃんも6枚とかで、
ほぼ全員数が揃うどころか釣れていない・・・
小豆島・家島は木っ端グレが主体なのに潮のせいだけじゃなく喰わない・・・
とゆ~のも!この一帯のグレはどこにでも生息しているのだが、数が多い場所と少ない場所では釣果に大きな差が出る。
その理由の1つは上層で見えなくとも、数が居る場所では深タナで連鎖反応が起こり警戒心なく喰うのだが、数が少ない場所ではそうはいかず、その動きが鈍くスレたように喰ってこない。
もう一つが前日、当日に雨が降るなどして地磯などでは上山から流れ落ちる水潮(雨潮)になり沖磯にくらべ喰いが悪いのだ。
そんな時に有効なのがファーストコンタクトの針!
鋭く刺さりが良ければあとは腕次第!!
針のおかげでいろんな魚がいっぱい釣れましたが・・・
結果わたしくは40グラム差で予選突破ならず腕がありませんでした(笑)
次回7月の日振島で真実ちゃんらとリベンジ!!
*グレの写真忘れました(笑)
●使用ライン1.5
●使用ハリス1~1.2号
●使用針
閃烈グレライト3~4号
渋グレ3~4号
ヒネリグレ3~4号

  • 001

  • 002

  • 003

page top