磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年04月02日掲載文

フィールドモニター原中大輔氏のレポート

桜咲く中でのチヌ釣り

例年、桜が咲くこの季節、チヌ釣りが最盛期を迎える長崎県松浦市福島に釣り仲間の橋元雄太郎氏と釣行して参りました。

渡礁したのは「ウバ瀬」。チヌ釣り場らしく足場は良く早速撒き餌を先に打ち釣りの用意を始めます。

竿0号にpeライン0.8号、ウキは00号ハリス1.5号でセレクトした針はプロフェッショナルチヌミドルの1号にてスタートします。

プロフェッショナルチヌは私のパイロットフックとなっており、まず最初に選ぶ針となっております。

第一投目から早速当たりが出ますが事前情報通りフグと思われハリスのチモトから切られています。

第二投目、上がってきたのはやはりフグ。

厄介な相手が足元から沖にまでウヨウヨしています。

上げ潮の時間帯はフグやキスなどの外道の活性が高かったのですが下げ潮に変わると魚の気配がなくなり付け餌を触ると冷たく、さらに予報よりも強い風が吹いて上潮が滑り底潮が動かないと言う悪条件が重なりますが諦めず仕掛けを打ち直していると段々と底潮が動き始めました。

撒き餌を40メートルほど遠投するとようやくチヌらしき当たりが来て合わせを入れると45センチのチヌを釣る事が出来ました。

ここで数を釣ろうと意気込みますがまた底潮が動かなくなり風がさらに強くなって益々釣り辛くなります。

回収まで残り1時間、再び底潮が動いてまたもチヌの当たり、今度はしっかりと走らせて合わせを入れ43センチを追加できました。

橋元氏もこのタイミングで一匹目を釣り上げました。使っていた針は軽量チヌの1号とのこと。

時合いが来たと思いましたが気付けば回収まで残り15分になりましたのでここで納竿としました。

結果2人で3匹と言う厳しい釣りでしたがプロフェッショナルチヌがガッチリとチヌの口に掛かってくれたおかげで少ないチャンスを物に出来ました。

これから益々上向きになって来る福島の磯へは秀吉丸さんが案内してくれます。

皆様もフィジカルディスタンスを保ち信頼のささめ針を持ってチヌ釣りにチャレンジしてみてください。

 

・取材協力  秀吉丸 0955ー47ー4301

IMG_0696 IMG_0694 IMG_0700 IMG_0699 IMG_0697 IMG_0695 IMG_0701 IMG_0698

page top