磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月09日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

沖縄 慶良間釣行

釣行日:平成25年7月6日(土)
釣行場所:沖縄県慶良間
使用渡船:セイブ丸(糸満市)
釣行者:フィールドスタッフ田島司、名嘉山悟、米原直樹、渡嘉敷正輝
報告者:ササメ土屋
今回は南国沖縄へ来ております! 沖縄では7月5日から7月7日までの3日間でチームヤイバ沖縄支部 懇親釣り大会が開催されており、私と沖縄フィールドスタッフの方4名も参加しました。
私たちは沖縄でも大物がよく釣れることで有名な慶良間へ行って来ました。
沖縄はもう真夏日和で、磯の上はかなり厳しい状況になる事が予想されるので、飲料水を4リットル、バナナにトマト、菓子パンに・・・と少し買いすぎた感もありますが、磯の上で脱水症状や飢え死にをしてはいけないので、十分すぎる程、食料を買い込み、準備万端です。
私たちは糸満市から出港するセイブ丸に夜12時に乗り込み出発し、約1時間30分で慶良間に到着。 私とフィールドスタッフの米原氏、渡嘉敷氏は「ハナレ」に渡礁しました。 一方田島氏と名嘉山氏は「べーべー」という昨年私が釣らせて頂いた磯に渡礁。 辺りは真っ暗闇で、夜空には満天の星が輝きとても綺麗でした。 そして早速、皆さん夜釣りの準備を開始します。
米原氏は電気ウキを付けてフカセ釣り。エサはキビナゴ、鈎は「ヤイバ喰わせ真鯛ケイムラ」です。 一方渡嘉敷氏は「タマン太軸」の鈎を使用し、エサをサンマの切り身でブッコミ釣りです。 釣り始めて、1時間も立っていない矢先に渡嘉敷氏が大きく竿を曲げています。 釣り上げてみると色鮮やかな朱色をした「ミミジャー」。沖縄では高級魚でとても美味しいとの事です。 その後私は深い眠りに落ち込みました。 そして空が白みかけた頃目を覚まして見ると、米原氏も50cm級のカマスを釣り上げておりました。
それから3人は早朝よりフカセ釣りにスイッチを切り替え、釣り開始です。私は第一投目から40cmクラスで引きも強烈なイスズミをゲット。その後は米原氏、渡嘉敷氏も竿曲がりを連発させ、次々に色々な魚を釣り上げて行きます。「イスズミ」「ツムブリ」「グルクン」「ヒレーカー」「トカジャー」「ミミジャー」など本土では聞き慣れない名前の魚がたくさん釣れました。 極めつけはカツオ。米原氏はオキアミで、渡嘉敷氏はキビナゴで50cmクラスのカツオを釣り、竿を大きく曲げていました。 私もカツオを狙って頑張りましたが、残念ながら釣る事は出来ませんでした。 そしてお昼の1時半頃に納竿とし、慶良間釣行は終了しました。 今回は慶良間でも珍しい程に魚が良く釣れたそうで、早朝からのお昼までホントにコンスタントに三人とも竿を曲げ、楽しい釣りが出来ました。
その後、田島氏、名嘉山氏との釣果も合わせて、記念撮影しました。
そして、明日7月7日(日)はチームヤイバ沖縄支部懇親釣り大会の検量&表彰式が行われます。 大会参加者は30名程ですが、楽しいお楽しみ抽選会等で、皆さんと盛り上がりたいと思います。
大会の模様はまた後日報告しますので、お楽しみに!

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

page top