磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年03月30日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@大分遠征釣行 & 静岡初島釣行@@

■大分編■
静岡支部の石川です。
3月21(土)大分県に練習釣行へ行って参りました。
向かった先は大分県南部の地磯。
スタート時は少し風が有り、やや左流れ。
コマセを撒き始めて暫くすると底の方にグレの姿が目視出来る様になり始め、
同じタイミングで刺餌が取られる様になるというパターンでした。
開始はYAIBA-X釣闘競技の6号にハリスを長めに取って00のウキで沈めて行きましたが、
地元伊豆の地磯では考えられない程の流れが発生していて大苦戦。
風は反対方向で流れが有る為、大きくよれたラインを打ち返そうとするとウキから上のハリスが
重みとなって打ち返しの阻害となってしまいます。
逆に重い仕掛けにするとスレた地磯のグレに対して口を使わせる事が出来ないという状況。
そこでウキから上のハリスをカット、針をYAIBA-X4号に変更して。
G2の半遊動に切り替えてタナを決め、流して行き何とかアタリを取って行きます。
パターンとしてはグレが見え出すと釣れ始め、目視出来なくなると無反応という状況でした。
最後の最後に自分の仕掛けが状況と合い、貴重な1枚をゲット出来ました。
短い釣行時間でしたが非常に内容の濃い一日となりました。

 

 

■静岡編■
3月26日(木)静岡県熱海市初島へ、
同静岡支部の佐藤氏と練習釣行へ行って参りました。
フェリーを降りて直ぐに恒例の『 初島ダッシュ 』場所取りダッシュです。
激戦区の先端や立ち入り禁止区域を避けて、階段を上って直ぐのテトラポットへ向かいます。
場所を確保して準備に取り掛かります。 仕掛けを組む前にコマセを撒いて状況確認です。
足の遅い茶色い餌取りが手前に居て、潮が効いている沖にはタカベが居るという状況でした。
現在半遊動練習中につきタナを竿一本程にセットして、
Bの半遊動に針はYAIBA-X釣闘競技5号でスタート。
朝一は特に風も流れも無く、餌取りをコマセワークで手前に集めながらの釣りとなりました。
干潮で潮が引くと私の釣り座の目の前に大きな沈みテトラが現れ、やり取りの途中根ズレが多発。
そこで0、8号の竿を1号に変更。
ハリスを1、5号から1、7号に変更して針をYAIBA-X釣闘競技6号に変更。
リールのドラグを締め込み、魚が掛かったら根をかわして一気に巻き上げる作戦です。
無風でやや左流れの状況で連続ヒットが続き、帰りのフェリー1時間前に流れが右に変わり、
アタリがピタリと止まったのでここで納竿となりました。
普段は堤防でしか釣りをしないので、久々の根をかわすパワーファイトはとても楽しめました。

 

 

 

ロッド : シマノイソリミテッド0、8号
          シマノイソリミテッド1号
リール : シマノ19テクニウム2500番
道 糸 : レグロンワールドプレミアム1、2号
ハリス : サンラインブラックストリーム1、5号
     東レスーパーLEXハイパー1、7号
ウ キ : ソルブレティーレジェンドSサイズG2号
     プロ山元W合金18SサイズB号
     ソルブレ石村ウキSサイズG2号
ハ リ : ヤイバX釣闘競技4号、5号、6号
刺 餌 : マジックベイトマジックパウダー(黄)
     マジックベイトマジックパウダー(橙)
小 物 : ヤイバXフロートストッパー オレンジ

DSC02435 DSC02454 DSC02453 DSC02457 DSC02500 DSC02536 DSC02566 DSC02420 DSC02459 DSC02443

page top