磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年03月30日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

北九十九島で50cmオーバーのチヌ

 3月24日、石井釣りセンターから北九十九島に同クラブ員の大川内君、猿田君と3人でチヌ釣りに行ってきました。

 

 朝7時出船。船を走らせてもらったのは場所は高島のクジラ一帯。1人ずつ上げてもらい私が船を着けてもらったのはクジラのハダカ。

 

 いつも通り釣り始めはマキエを多めに入れ、その中に仕掛けを投入。ハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号を使用しサシエサをローテーションしながら探っていくと1匹目の反応が出たのが釣り開始から2時間弱。ツケエサはコーンの2つ掛け。道糸をひったくるアタリで上がってきたのは40cmオーバーのチヌ。1匹目のアタリの出方からチヌの活性がよく、少し浮いてるように感じたのでツケエサをオキアミにしてフワフワ漂わせるイメージで落としていくとまたしてもアタリ。2匹目はサイズアップして45cmオーバー。さらにアタリが続きなんと3連チャン。そして、すぐに4匹目がアタリ本日最大の50.5cm。もう1匹この磯で追加し、11時半頃、潮も下げてきたので見回りにきた船に乗り3人でアオサ瀬に瀬変わり。

 

 アオサ瀬では横流れが速く最初は苦戦しましたが、ガン玉の大きさや打つ位置を微調整していき40cmオーバーのチヌを合計4匹、3人全員釣ることができ16時納竿としました。

 

 九十九島のチヌですが依然として好調のようです。

DSCN5516 DSCN5519 DSCN5514 DSCN5517 DSCN5511

page top