磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年02月14日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

大分県鶴見半島へ釣行

美味しい寒グロが食べたくて、クラブ員4名で大分県鶴見半島へ行ってきました。上がった磯は「小鼻」です。潮は満潮が午前8時、干潮が午後2時30分です。瀬上がりしてしばらくは何の変化も無く時間だけが過ぎて行きます。1時間ほど経ったでしょうか?仕掛けが馴染んだと同時に道糸が飛びました。型は30㎝位ですが嬉しい一匹です。その後、同様の型を数枚ゲット出来ました。潮止まりになり30分ほど休憩をして、竿を振りました。するとなかなかの引きで手前の瀬に突っ込むのを交わして海面に浮いたクロは、本日最大の40㎝ちょいの良型でした。

 反対側の釣り座が気になっていたので、徒歩で瀬代わり?をしてみました。潮は完全な当て潮です。沖に仕掛けとマキエを打って瀬際に仕掛けが張り付きます。その釣り方で数枚のサンノジが釣れました。圧巻は、納竿前に、サンノジ以上の強烈な引きでやり取りをすること数分!タモ入れしたのは50㎝近い「石鯛」でした。針はYAIBA閃烈グレの6号でした。

IMGP1933 IMGP1940 IMGP1941

page top