磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年01月14日掲載文

フィールドモニター三上大輔氏のレポート

令和2年初釣行

千葉県房総半島の鴨川で行われる勝浦グレカップにご紹介させて頂き参加してきました。
抽選で磯割をして渡船による沖磯での大会でした。
当時の大会規定は、サイズ規定無しの5尾総重量。
初めて渡る磯に気持ちも昂りながらも、ヤイバ閃烈グレ5号に入念にハリスを結び開始するも、付餌が残ったままの状況が後半戦まで続く。
潮の流れは開始時の満潮から干潮になっても流れは変わらず、右から左へと流れる。
ポイントを少しずつずらし、待望の対象魚30cmの尾長を掛け抜き上げるも後が続かず。
また尾長が釣れたポイント周辺を入念に探るも釣果が無いまま残り1時間となり焦り始める。
隣の磯はウネリで足下が洗われ始めて早めの撤収になったので、その磯際すれすれに仕掛けを投入して、コマセを手前にぱらぱらと撒く。
すると道糸にズッシリとした当たりが。
足下にはサラシと干潮で姿を現した磯が見えるので、魚に負けない様にコントロールしながら無事タモ入れに成功。
間尺すると太った40cmジャストの口太。
ヤイバ閃烈グレ5号が口元に鋭くフッキング、違和感なくグレが食ってくれたんだと思います。
そして改めて針選びの重要性を痛感しました。
寄港後検量には沢山の魚が持ち込まれていて、自分は入賞を逃しましたが、リミットメイクできればという状況でした。
そして少々お時間を頂いてヤイバ閃烈グレを参加者の皆様にアピールさせていただきました。
まだまだ寒グレシーズンを続くので是非使って釣果に結び付けて欲しいと思います。

ABE8C7DF-323F-4BB3-90DD-9E677A4150F0 EF4C31ED-2BDE-435C-B2D7-FDD745F35637 8092FB91-29C2-40EE-934A-5211591D6110

page top