磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年08月27日掲載文

椿下利春氏のレポート

YAIBA-X釣行記

石川県加賀市新堀川河口に釣行しに行って来ました。この場所は、私が、前打ち釣りを行うきっかけになったホームグラウンドである。河口から上流400m付近に水門が設置されており、柴山潟の水位を調整している。雨が降れば満潮を除き水門が開き今まで透き通っていた河口に濁りが入り込む。水門が開いた後30分~1時間後チヌが餌を求めて河口に入り込んで来るのである。チヌの活性も上がり、大型のチヌが毎年釣れている場所である。このポイントの攻略法は、テトラ帯に潜むチヌを超硬子のロッドと太ハリスで攻め、餌は、磯カニを使い丁寧にテトラの穴を探っていきます。川の流れによるハリスの屈折を避けるため、ロッドの穂先操作と3B以上のガン玉を使用し、カニを落とします。最近の傾向は3号~5号の針を使用する方が多いが私は、針のふところを広くとるために、ヤイバチヌ6号~7号を使用します。堤防も低く足場が良いが初心者には、根掛かりが多いため中級者以上向けのポイントである。
AM10:30前日の大雨の影響により水門が4箇所とも全開になっており、濁りも十分入り込んでいた。実績のある右岸の沈みテトラ付近から竿を出し始め、開始2投目であたりがでた。浮いてきたのは、45cmUPの腹パン良型のチヌでした。再度、同じポイントに落とし誘いを掛けると穂先が若干入るあたり、合わせを入れるが、素針りを引く。その後下流に向って入念に実績のある穴を攻めるが、うねりがひどくなかなか餌が思うように落とせず終了。久ぶりのホームグラウンドでの釣果でした。

  • 001

  • 002

page top