磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年09月25日掲載文

高橋新吾氏のレポート

ヤイバ釣行記

9月14日、残暑厳しいどころかまだまだ真夏の太陽が照りつける静岡県伊豆半島先端にある中木の沖磯へ行ってきました。
当日は所属クラブ、横浜真ぐれ会の月例会で今月は20名が参加、公正を期する為にくじ引きを行い私は5番を引きました。
渡船はいつもお世話になっている重五郎屋、中木丸。船長より「5人カツオ行くよ」と言われ2人を表本場に降ろし私を含む3人を裏の中央へ降ろすと「潮は上りに変わるから山越しへ行ってみな」とアドバイスがあり、1人はそのまま船着きに残り私ともう1人の会員の2人で山越しへ移動しました。
カツオ島と言うのは中木の磯で一番沖にあり潮通しも抜群の超一級と言っても過言ではない場所でつり座は表本場、裏本場、山越しの3カ所からなり、山越しは上りの潮に釣果が出やすい場所です。
タックルは竿1.25号、リール2000LBDに道糸1.75号を巻きウキ0号、ハリス2号、ハリはプロフェッショナルグレ、ライトのオキアミカラー6号をチョイス。
5時半から実釣開始、この日の水温は26℃でまだ早い下り潮が差しており目の前に仕掛けを入れると右方向へスーッと流れて行きます。コマセと仕掛けがなかなか同調しません。
浮かせていたウキをウキごと沈めるのにガン玉を追加します、足下へ投入してライン操作で仕掛けを馴染ませるとウキが海中へ沈みしばらく流していくとギューンと竿引きの当たり、30㎝クラスのイサキが本日の1尾目。
同様に足下際に仕掛けを置くようにして馴染ませると今度は30㎝強の口太メジナです。
幸先よいと思っていたのはつかの間でその後はイサキと木っ端尾長がポツポツ程度となってしまいました。
9時頃には下り潮も緩み、止まったと思いきや9時半と同時に今度は上りの潮がガンガンと目の前を流れ出します。
仕掛けは流しやすく左からのサラシとぶつかり、潜り込むとイサキの入食いです。
次は投入点を変えて沖目から流して見ると50mほどの所で今までとは違い重い引込みが手元まで伝わり竿は大きく弧を描くと「ついに来たぁー」潮に逆らいやっと手元まで寄せると口太メジナです慎重にタモに収め計測してみると堂々の43㎝!この時期にしては立派なサイズでした。
この魚のおかげでクラブ内でのポイントも久々に加算され、お土産イサキもクーラーに十分と入り暑いながらも1日を楽しむ事が出来ました。

  • 001

page top