磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年06月04日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

出るか年無し、南九十九島、乗っ込みシーズン終わりのチヌ釣り

南九十九島にチヌを狙いにいってきました。乗っ込みシーズンも終わるころではありますが、令和初のチヌの引き味を味わうべく、意気揚々と今回お世話になる沼本釣センターへ向かいました。案の定、あれだけ賑わっていたチヌ釣り師の姿は見られず少し寂しい気持ちになりましたが、磯は選び放題です。

今年に入り、まだ年無しと言えるデカバンを釣ってないので、船長にデカバンを狙える磯は在るかと尋ねたところ、「あるよ」との事、過去に61センチ、60センチの実績があるところで、口が白くなったデカバンがウロウロしているのをよく見かけるとのこと。それはぜひともよろしくと頼むと、「・・・ただねー・・」との意味深な言葉が。その言葉の意味は、後々明らかにするということで・・・。

さて、船はデカバンポイントへ向かいます。そこは松浦島の三年ヶ浦というところで、プチリアス式海岸のような入り組んだ湾になっており、いかにもチヌが好んで棲みそうな場所です。湾の行き止まりとなる手前にある磯が今回の釣り場です。足元から岬状にシモリが張り出しており、左右の駆け上がりがポイントとなるでしょう。湾の入り口が右側で、右から潮があてて来ているため、右の駆け上がりがより撒き餌がたまりやすいと考え、重点的に責めることにしました。沈み瀬となっている岬は15メートル先まで続いており、10~12メートル先周辺にマキエを撒きます。

仕掛け

竿:チヌ竿1号 道糸:1.75号 ハリス:1.75号を6m

針:フカセ遠投モードオキアミカラー3号 ウキ:00号 潮受けゴム下にジンタン3号

付け餌

オキアミ生と加工オキアミイエロー、練り餌の赤と黄色、コーン

撒き餌はオキアミ2角とコーンの缶詰を1缶、3.5kg入りの集魚剤を3袋混ぜたものを使用します。

足元に撒き餌を撒くと多数のフグが集まってきます。最初は00号のウキを沈めて底べったりを狙い、付け餌をローテーションしながら、何投かしますが、付け餌は取られず残ってきます。使用しているフカセ遠投モードにはエサ外れ防止が施してあるため、遠投に適しているだけでなく、回収時にエサが外れにくい為、エサの状態が確認できて、エサ取りの状況等を教えてくれます。

数投しても状況は変わらず、海底に生えているのか、モズクのような藻が付けエサに絡んで上がってきます。底を這わせる釣りでは、付け餌が藻の中に入り、チヌにアピールできていないと判断し、きっちりタナを取り、藻の中になるべく入っていかないような仕掛けにすることにしました。

3B浮力のウキに変更し、針も2号に交換、潮受けゴムの下にガン玉を打ち、ハリスにはガン玉を打たず自然に付け餌が沈むイメージで、仕掛けが立った頃合いで誘いをかけます。

コーンを2粒針につけ、誘いをかけるとモゾモゾとウキに変化が、アワセを入れるとコクコクと首を振る引きで、40㎝程のチヌが釣れました。

その後、チヌのアタリはなく1時間ほどすると、「フォー」と船の汽笛がなり、エンジン音が近づいてきました。ここは、観光船の遊覧コースになっており、結構な大きさの観光船が釣り場のすぐ先でUターンします。Uターンした後は、一時的に海がかき混ぜられ一帯が沖磯みたいな流れになります。船長の話では、この時に魚の活性が上がり、アタリがあるとの事。観光船が通り過ぎてすぐにウキに変化が。モゾモゾッとした後にスーッと消し込んだので合わせると、まずまずの重量感で姿を現したのは、お腹はペチャンコでしたが、53.8cmの立派な年無しチヌでした。船長、ありがとうございます。その後メイタ1枚とキビレ2枚を釣り納竿としました。

船長の言う通り、観光船が通った後は活性が上がるようで、30cm程のマダイなどもあたってきました。ただ、50分に一回の割合でくる観光船のお客さんの熱い目線と「おーい」という子供の声が何度も浴びせられるのが何とも・・・、船長の「ただねー」の意味が分かりました。

これから、気温も上昇し、暑さと戦いながらの釣りになるとは思いますが、バッチリと熱中症対策をして、磯に足を運びましょう。

1559231002087 1559230986970 1559571173444 1559571148056

page top