磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月01日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

久々に離島での例会

3月24日の日曜日、久々に離島での例会が神津島で行われました。下田の港を出る時点で海は静かで船の中ですぐに眠ってしまいましたが、神津島に着くころには予報通り強い西風が吹いていました。

西の強風を避けて島の東側の地磯に張り付くように全員が各磯に降り、梅木氏と私は『横瀬のハナレ』に乗せてもらうことができました。狭い水道を隔てて背後は神津島本島がそびえて風を遮ってくれているのですが、『強風に風裏無し』の言葉通り回り込んだ風が右から左から吹き付けて油断すると道具だけではなく自分も風に飛ばされそうです。

 

6.3mの磯竿に道糸とハリスは5号通し。ウキはF-LOGIC製プロストリーム(Lサイズ)の0負荷のものを選んで道糸とハリスの直結部分にG4のガン玉を噛みつけました。針は「ヤイバグレ」の9号です。

 

足元にコマセを入れるとおびただしい数のエサ取りがワッと寄ってきます。うまくエサ取りをかわして仕掛けが馴染むまで付けエサが残るとイズスミやサンノジが竿をひったくるようにして喰ってきます。

沖に投げると風の影響でなかなか仕掛けが馴染まず、オモリを追加しながらウキを沈めてアタリを待っていると道糸が走って小シマアジが釣れてきました。このパターンでシマアジやイサキを数匹釣ってお土産を確保することができました。足元では相変わらずイズスミの猛攻ですが、時折尾長の30~35cm程度のものも混じります。しかし例会での検寸サイズ(40cm)にはなかなか届きません。

 

お昼前後には左沖で尾長が連発するようになりました。仕掛けが馴染むと1投1尾で尾長が喰ってきます。しかし型は良くならず、35cm程度からギリギリ検寸サイズの40cm前後まで。

数釣りをしていればその内にデカいのが混じるだろうとひたすら釣り続けましたが、結局最後まで大きいのは出ませんでした。

折角神津島まで来たので尾長の大物と渡り合いたかったところですが、楽しみは次回に取っておくことにしました。

 

釣行データ 3月24日(日)

場 所:神津島 『横瀬のハナレ』

天 候:晴れ(西の強風)

渡 船:長佐丸

潮回り:大潮(満潮:午前7時頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

page top