磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年11月14日掲載文

池角昭智氏のレポート

難ポイントに勝機あり

日時:11月2日(土)
場所:静岡県東伊豆須崎(沖磯一帯)
メンバー:TeamBMT(釣り17名・納会20名)
天気:曇り(一時小雨)
気温:15度~18度
延期続きのクラブの例会を11月2日に開催しました。ささめ針から喰わせグレ(ケイムラ)の支給品をメンバーに配りスタートです。

私が乗った磯は崎山(サキヤマ)と言う磯です。足場が良くて外向きが本命ポイント。大型はハナレとの溝を狙います。
まずはセオリーに外向きポイントへ投入すると1投目に23㎝の口太グレが喰ってきました。その後も浅場、深場、際、溝、潮の中、遠投と広範囲で探り続けて1時間が経過しましたがすべてコッパグレが1投1発で釣れる状況です。なんとかコマセワークで餌取りを分けるも25cm前後のグレが精いっぱいと判断。11時には釣座交代の時間です。多分このまま続けてもTOPにはなれない。
そこでタモが届かない裏に周り岩裏や根向う、沈み根上を攻めることに。

まずは岩裏や磯裏を狙います。当然に道糸が岩や磯に触れますがそのリスクと引き換えに良型グレを狙う戦略に切り替えです。岩裏や磯裏では道糸・ハリス共に1.5号をセット。直接視認出来ないですが小ウキを使用し浮かせます。掛けた瞬間はグレを泳がせ道糸を出しながら風に乗せて一気に巻き上げる。極力、サラシのタイミングでラインと魚を乗せて寄せるイメージです。なんと1投目に強烈なアタリがあり寄せると38㎝の口太が釣れました。

次は根上を狙います。実際仕掛けはハリスを1.7号~2号まで上げて矢引きまで短くし大型ウキを沈めて根の上を張りながら探ります。コマセを直接ウキに被せます。すると36cmの口太グレを追加できました。いろいろなパターンで探り、結果11時の釣座交代前に35㎝~38㎝を規定枚数の5尾キープに成功し3,113gで優勝しました。

喰わせグレ(ケイムラ)は刺さりも良く何より軸が細い割に少々の根ズレにもビクともしません。かなり強いです。
仕掛けとコマセが届く範囲は全てがポイントと判断しリスクを背負う釣りが時には必要だと確信しました。納会では提供頂いた商品を優秀者やジャンケン大会に使用させて頂き大いに盛り上がりました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

  • 010

  • 011

  • 012

  • 013

page top