磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月16日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

九十九島での釣り納め

 12月28日釣り納めに行って来ました。この日の天気は雪(長崎県の初雪)。爆風に加えて外海では波の高さ4~5メートル。こんな悪天候でも竿を出せる場所が九十九島の湾内。今回狙いの魚はチヌ。

 

 鹿町町にある梅田釣りセンターより朝7時出船。風は回り込んでくるものの風裏となる横島に上げてもらいました。

 

 本日使用したハリは閃刀チヌ(ストレート)ミドル(オキアミ)1号。

 

 風で道糸がとられるのでウキを沈ませラインでアタリをとっていくと1投目からチャリコ。2投目、3投目もチャリコ。魚の活性は高いようで次第にツケエサだけとられるようになってきたのでツケエサをオキアミ生から練り餌に変更。しかし、練り餌もすぐに盗られるので仕掛けを張り気味におとしていくと浅いタナでラインをひったくるアタリ。上がってきたのは40cmのチヌ。

 

 その後は本命のアタリは無くエサ盗りに翻弄されながら30cmのクロを追加し納竿としました。

 

 今回の釣行ではまだまだ手で触った感じでは水温が高かったですが、これから水温が下がってくると九十九島の湾内では大型の寒チヌが期待できるのではないでしょうか。

DSCN5221 DSCN5226 DSCN5222

page top