磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年12月17日掲載文

フィールドモニター高橋新吾氏のレポート

伊豆半島仁科の沖磯釣行

12月15日は北東風の予報だったので西伊豆仁科へ行ってきました。

ここ仁科はすこぶる魚影も濃く、伊豆半島では珍しくシーズン中に50overが出る可能性が高いフィールドです。

当日は私の所属クラブ、横浜真ぐれ会神保会長をはじめとするクラブの仲間達との釣行だったのでくじびきで渡礁順を決めると2番くじで最初にヤゴベイに私を含む3人が降りました。

私は船着きから裏へまわり軽いボルダリングで移動して更に低い場所へ降りて高島向きに釣座を取りました。

目の前は右からのサラシと、潮が左から右へ程良い流れでぶつかりヨレが良い感じで期待が高まります。

竿は大物に備えヤイバロッドウルフタイプⅡ1.5-50、ミチイト、ハリスとも2号通しでウキはキザクラDフラッツ74のP-01で馴染むとしもる設定、ハリはフカセ遠投モード6号をチョイス。手前から攻め、際を流して行くと鋭いアタリで中々強い引き!しかし痛恨のハリ外れ、しかも2発続けてだったので遠投モードの5号を締め直すと今度はしっかり地獄にハリ掛かりその後は30~35クラスは活性良く引きを楽しませてくれました。

しかし最近40overの姿を見ておらず今日こそはと意気込んで挑んだもののやっとの思いで掛けたのがあと1cm足らずでタイムオーバー。

港へ戻ると仲間達の大部分が満足釣果でニコニコ顔、自分としてはバラシも数発有り反省するべき所だがくやしさが先に立ち年内もう一度仁科に来てリベンジを計りたいと予定を考えながら帰路に就きました。

 

使用針

フカセ遠投モード5~6号

ケイムラグレ 5号

グレ釣闘競技 6号

 

神奈川支部 高橋 新吾

DSC_0909 DSC_0921 DSC_0907 1544954169670 DSC_0918 DSC_0905

page top