磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年12月13日掲載文

フィールドアドバイザー曽田直紀氏のレポート

スリリング!磯からの樽かごヒラマサ釣り

五島列島遠征ヒラマサ釣り11月9、10、11日。

去年から予定してた念願の五島列島遠征。9日朝、佐世保に向け家を出発し夕方に到着。今回お世話になる渡船ニューレインボーは、大変親切で丁寧、なんとなんと、ポーターも2人体制、磯の上がりも非常にスムーズでササメの針のような安心感。

渡船基地到着し積み込み準備、想像を絶する荷物、えさはオキアミボイル20枚、車から下ろすも大変だが、磯に上げるのも大変だ。

舟に荷物積み込み、五島列島に向け出発。深夜11時、ようやく磯到着。二人分の荷物を運動不足のせいか、足をつりながらも磯の高い安全な所に上げて、一息。日本にいるとは思えない景色のビロウ島。ヘリコプター横、朝の大型ヒラマサに備え準備。フカセ竿6号、リールステラ14000バンミチイト10号、ハリス12号、ヒラマサばり12号で万全。レコードクラス狙い、明朝5時、いよいよ真っ暗の中、絞ったオキアミボイルを巻きはじめる。気付けば薄く明るくなる空の中、釣り開始。気配ムンムン!!ゴールデンタイムに突入!!一投目からいさぎ、ぐれ、それも大型の50㎝が私を楽しませてくれました。太仕掛けなので全部抜き上げ。しかしながら本命の当たりがなく絞ったマキエボイルに

、潮目からヒラマサが、セビレをだし泳いでいるのが見え始めた。しかもでかい。1メートルクラスの大物。海の中ではゴールドヒラマサ、さすが夢の島五島列島、まさに気持ちは夢の国ディズニーランド。

ヒラマサを視界に捉え、浮き下30から50センチでひたすら待つ。「来た❗」リールスプールを押さえている中指が弾かれ、正にヒラマサの引き。大型タックルに物を言わせ、竿をねかせ、ゴリ巻き、相方にタモ入れお願いし、無事取り込み成功。五島列島初ヒラマサ。

その後、当たりがなく、磯変わり、二日目。平島の先端にあるままこ島、五島列島の中でも超一級磯。ここでも、ヒラマサが見えているのだが、当たりがなく終了。片付けて舟を待つ。

最後に大物ヒラマサをターゲットにする心構えとして、底かご、樽かご、フカセ仕掛けでも、とにかく太仕掛けにすることだ。デカイ魚を掛け、伸されそうになった時でも自分の気持ちが負けたら獲れる魚もバラシにつながる。掛けた魚は絶対獲るという気持ちが大事だと思う。来年も必ずここ夢の島、五島列島に来て、大物ヒラマサ釣りたいと思う。

1544691589720 1544691579763 1544691584579 1544691575603 1544691582473 1544691586776

page top