磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年12月04日掲載文

フィールドテスター芦尾知哉氏のレポート

カカリ釣り、カセ釣りの発祥地、鳴門のウチノ海

ヤイバファンの皆さんお世話になります!

 

 

今回はカカリ釣り、カセ釣りの発祥地、鳴門のウチノ海にてスタッフ岡本氏と!

 

ウチノ海は親戚にあたる先駆渡船の滝下渡船、細川渡船があり、幼少期は筏から泳いだり釣りをしたりして遊んだ原点のフィールド!

 

今ではカセ(設置小型船)と言う言葉も全国に定着していますが、元々、徳島鳴門の方言で小さなチヌのことをカセと呼んでいてそれが今では小型船(カカリ釣り)をカセ釣りと呼ぶようになっています。

 

同時に1:1の太鼓リール、鳴門リールが生まれ、各 釣具メーカーなどのロッドやリールなど商品規格のフィールドテストにも使われている鳴門ウチノ海。

 

今回はその滝下渡船を使用し、養殖筏付近(水深12m)を攻めることにしました。

 

天候も良く朝7時~13時まで養成エビ、オキアミ、練り餌をローテーションし、

針もそれに応じて交換でダンコにくるみ底上げ約50cmを狙う。

 

エサ取りはクサフグ、ヒラアジ、トラギス、チャリコ(小鯛)

潮通しの良い沖では引き潮に35前後のサヨリが活性していました。

 

さて釣果は苦戦しながら

鯛50~59cm 3匹

チヌ22~24cm 2匹

ウマヅラハギ32cm1枚

その他…

 

岡本氏はチャリコは釣れるもののアジの飼育係もしながら…残念ながら30cm 1枚でした!笑

_20181130_231458 _20181201_094916 _20181130_231339 _20181130_231834 _20181130_231859 _20181130_231806 _20181130_155206 sketch-1543625029054 _20181130_164932 DSC_1285 _20181130_232739 _20181201_093545 _20181130_232648 _20181130_232757 _20181130_232201 _20181201_094642 sketch-1543624587748 _20181130_233505 _20181130_153521 _20181130_231411

page top