磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年12月11日掲載文

大西与志夫氏のレポート

和歌山県田辺市の堅田漁協へ釣行

晩秋になり、筏チヌは落ちの時期。数釣りは終盤にさしかかってきていますが、そろそろ良型狙いが面白くなってきます。
そこで、これから冬にかけて面白くなってくる釣り場、和歌山県田辺市の堅田漁協へ釣行しました。
堅田漁協のポイントは養殖コワリに直接ロープで固定されているボラ筏や大型の金島筏、マルゼ筏、3号筏などがあります。
チヌ釣りで人気、実績がありオススメしたいのはボラ筏で、水深は約15メートル前後。このボラ筏は養殖場の移動や海底掃除などで周期的に移動します。そのために水深や潮流が若干変化しますが、基本的に流れは緩やかで釣りやすいといえます。
養殖コワリの中にはマダイやシマアジ等がいるらしく、その網は海面から8メートル下まで入っています。釣座のすぐ側に網が入っているのでチヌを掛ければ中層まで一気に浮かせてこないと、網の下へと入られてしまうとバラしてしまうので要注意。
また、釣れるチヌの平均サイズが40~45センチと良型が揃うということもあり、堅田ではパワーのあるタックルが基本になります。柔らかい竿で引き味を楽しむのもいいのですが、気になるのは、やはりコワリの網。チヌに先手を取られない為にも竿には適度な硬さが必要。
なお、海面から筏板までの間隔がやや開いているので私の場合、少し長めの竿を使用しています。その方がやり取りの際にもためが効くというメリットがあります。
チヌ以外にはキビレ、マダイ、ヘダイ、ボラ、アジなどがいて、ヒラメやクエ、イシダイといった高級魚の姿も。サシエサはオキアミがメインで、ボケやコーンなどの釣果も目立ちます。
このところ良型のヘダイが良く釣れているようなので、ヘダイの好物アケミ貝も持参。丸貝独特のアタリが好きなのは私だけではないハズ!?アタリ方やアワセどころの勉強と、晩の旨い肴を兼ねて本命(チヌとヘダイ)2本立てで挑みます!(笑)
朝一番は落とし込みで状況把握。サシエサと少量の撒き餌は勿論丸貝。すると着底前からカツカツ!噛みアタリが続いたところで一気にアワセ。25センチ級のヘダイです。
その後もコンスタントにヘダイが釣れ退屈しません。何より、丸貝でこんなにアタリがあるのが嬉しい!しかし、チヌはやっぱりダンゴ。しっかりとダンゴを沈めてから仕切り直してダンゴ釣りを開始します。
今回は丸貝も多用することから、使用する針は刺さりが良く、ヒネリなしのストレートタイプ「ヤイバチヌ」
針先はX型に切れ込むリアルクロスポイント「ヤイバ・エックス」です。
9時を回ったころからボラの気配。昼前にかけて徐々に活性が良くなってきました。サシエサをローテーションさせながら、釣り方も落とし込みとダンゴ釣りを併用。立体的にポイントを探りながらチヌからのアタリを待ちます
午後になって潮が変わり、ヘダイのサイズが大きくなって雰囲気がいい感じ。丸貝の出番を少し控えさせて、チヌモードにシフトします。
ボラが底のダンゴに張り付き、サシエサにはあまり手を出してこなかったので、ベタ底中心の釣りをしていると、14時にチヌのスイッチが入り、納竿の16時までに36~42センチを3尾ゲット。ヘダイと合わせて面白い釣りができましたよ!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top