磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年08月20日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

俵ヶ浦岸壁で真夏のチヌ釣り

8月11日チヌ釣りに行って来ました。この時期のチヌと言えば活性も上がり活発に様々なエサを漁るようになるので、比較的釣りやすい時期だと思います。

 

しかし、同時にエサ盗りも非常に多い時期となるのでエサ盗り対策が必要となってきます。エサ盗りのかわし方はいろいろあると思いますが、今回は場所選びを第1に考えて釣行してきました。

 

事前の情報によれば、私の住んでいる近辺の九十九島湾内はサバ子が多くほとんどかわすことができないとのこと。そこでサバ子がいないだろうと思う佐世保湾の入り口俵ヶ浦の岸壁で竿を出して来ました。

 

朝5時半釣り開始。最初の3投はツケエサをオキアミの生でやっていましたが、やはり歯が立たず、練り餌に変更。練り餌は赤、白、黄色の3種類を用意。最初は閃刀チヌ(ピンク)1号がきれいにかくれるくらいにつけていましたが、すぐに盗られるため徐々に大きくしていきました。

 

 エサ盗りにはチャリ子(マダイの子)、フグ、コッパグロ、バリと釣れ本命が釣れたのは釣り開始から1時間半がたった頃。サイズはいまいちでしたがわずかなアタリをとらえてメイタをゲット。

 

 その後は、エサ盗りを掛けながら本命を4匹追加し納竿としました。今回、チヌと呼べるようなサイズは出ませんでしたが閃刀チヌ(ピンク)1号でエサ盗りと本命どちらの口にもしっかりと掛けることができました。

DSCN5064 DSCN5069 DSCN5062

page top