磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年01月14日掲載文

田代智之氏のレポート

釣行レポート

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末になりますが、大分県の鶴見にクラブ員8名で、釣り納めに行ったときのレポートです。毎年、この時期になると、寒グロ狙いで、週末の磯は、どの磯も満員御礼!良い瀬を抑えたいならば、前日の早朝に磯上がりをして、ナイターを覚悟で行くしか方法はありません。私達も、みんなの都合を合わせて、最短の時間調整をして、前日の午後11時に出航をしました。やはり、沖磯は満員御礼!でした。仕方なく、湾内に各2名1組で磯上がりをしました。私は井上君と平間のハナレに上がりました。夜明けまでは長い!2人で、長い忘年会をし、何故か大盛り上がりで、朝を迎えました。
早速、釣りの準備をして、激流と化した下げ潮に撒き餌を入れました。10分くらい撒き餌を打って、仕掛けの投入をしましたが、「あっ!」という間にスプールから道糸が出て行き、100m位は出て行ったでしょうか?仕掛けの回収をしました。ツケエはきれいに残っていた。仕掛けのガン玉を打ち直し、G2を針上70㎝位の所に、G3を直結部分の下に打って、同じ流し方をしました。勢いよく仕掛けが流されていきます。途中、数回テンションを掛けて、穂先から針までを、一直線にし、当たりを待つけど、なかなか当たりが出ません。
その内に、沖合70m付近で、流れが緩やかになり始めました。当たるならここだ!道糸の出方を凝視していたら、一瞬道糸の出方が早くなった!ような気がした。しかし、竿引きの当たりは出なかった。仕掛けを回収したら、初めてツケエがなくなっていました。「今のは当たりだ!」と確信をし、すぐに仕掛けを入れた。同様のライン操作をして、先程当たりが出た70m付近で流れが緩やかになった。道糸の出方をじっくり見ていたら、ラインがスルスル~っと出て行った。強烈な鬼合わせを入れたら、ジャストフィットしましたよ。グ~ンと竿にのりました。
沖から流れに逆らって持ってくるので、思った以上に重たい。瀬の近くになると、さすがクロ!瀬に突っ込もうと抵抗をみせるが、竿で交わして、無事タモ網の中へ!なかなかの良型で、45㎝のやや腹ボテのクロでした。パタンを掴んだのか、それからは、毎回とまではいかないまでも、空合わせもありましたが、ポツポツではありますが、良型のクロを釣る事が出来ました。終わってみれば、18枚の良型のクロがクーラとライブウェルに収まっていました。
今日の水温は15,5℃で、1月の下旬の水温です。ここ数日来の寒波の影響で、水温がド~ンと下がったようで、クロの食いが今一の様子。こんな時は、少しでも水温が安定をしている、流れがある磯に上がられた方が、釣果に結び着くと思います。水温が変わると、なかなか口を使ってくれません。これからの厳冬期のクロ、低水温の中、いかにしてクロを釣り上げるか!クロ釣り師の腕の見せ所でしょう!
今日使った針は、釣闘競技の4号と5号を使いました。返しが無い針は、すっぽ抜けを気にされる方が多いようですが、クロを掛けたら、常時引っ張り合いの状態なのか、一度もすっぽ抜けはありませんでした。また、針が、防寒着やライフジャケットに掛かったときでも、傷つける事なくとれますよ。
また、私は、釣ったクロは、ライブウェルにて活かしたまま、持って帰ります。自宅で生きたクロを捌いて家族に食べさせますが、超、超大好評ですよ!大変ですが、お試しあれ。

  • 001

  • 002

page top