磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年01月16日掲載文

近藤龍氏のレポート

初釣り

1月11日クラブ員5人でクロ釣りに行ってきました。私にとってはこれが初釣り。5人一緒に上がれる磯を探し選んだのは平戸島北部エリア。土肥釣りセンターから朝6時に港を出たのですが5分もたたないうちに船は大きく揺れだし、まずは安全を第1に度島の防波堤に上げてもらうことにしました。
7時過ぎ釣り開始。この時期はクチブトメインのためハリはケイムラグレ4号を結ぶ。船長情報によるとアジ子がいるとのことでしたが、マキエをまき始めると私達の想像をはるかに超す数が海面をピチャピチャ。1投目からみんなアジ子、アジ子でどこに投げてもかわすことができず10時過ぎ瀬替わりしました。
朝から比べると波もだいぶおさまってきたことから、次に上げてもらった所はビシャゴの平瀬。その名の通り平で低い磯のため、この時期に乗れれば期待がもてると思っていました。しかし開始してすぐは全く反応がありませんでした。そんな中最初に竿を曲げたのは山崎君。上がってきたのはイズスミ。そして次に竿を曲げたのも山崎君で待望のクロ28cm。その数分後、田中さんの竿が大きく曲がりました。しばらくやりとりを見ていると竿がコクコクとたたいていてクロの引きではないようです。上がってきたのは50cm近い良型チヌ。話を聞くとかなり浅いタナで食ってきたそうだ。その後も、そこのポイントでは5人全員がチヌを釣りました。しかも全て良型揃いでしたが、目的の魚でないことから釣ってすぐにリリースしました。
3回目の場所交代でようやく私にクロがヒット。左流れの潮に乗せてどんどん仕掛けを送っていくと潮がぶつかり潜り潮が発生する所がありました。うまくそこに仕掛けを流し込めた時、少しシモったウキが視界から一気に消えていきました。アワセを入れてやりとり開始。引きからしてチヌではなさそうです。姿を現したのは今年初のクロ30cm。しかし後が続かず場所交代。私の入っていたポイントに田中さんが入られて数十分後、強烈なアタリをとらえられました。魚を掛けた瞬間一気に根の方に走られ、なんとかかわそうとやりとりされました。しかし魚の方が一枚上手で根に張りつかれ、しばらく待ったのですが魚は出てきませんでした。
今回上がった磯はチヌにかわりつつありそうですが、グレバリでもしっかりとハリがかりさせることができました。
なお、クロは天候にもよりますが生月島に行けるとまだまだ釣れているようです

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

page top