磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年01月20日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

釣行レポート

年が明けて仕事も始まった1月7日(火)、久しぶりに友志会の大塚会長と2人で釣りに行ってきました。場所は、南伊豆の入間です。
天候は良い予報でしたが、平日とあってお客さんも少なく、2人で「牛根」に乗せてもらうことになりました。入間で最も沖にある名礁です。
磯竿の1.5号(6.3m)を使用し、ウキはF-LOGIC製のブリッツ(00)を選びました。このウキは穴の径が3φと大きく、潮が通す場所でウキ止めをつけないで多用します。針はヤイバグレの7号を結んで始めました。
最近の伊豆半島一帯の釣り場情報から、上りの潮が通してくれるのを期待して始めたのですが、潮はごくゆっくりと下っており、上りに変わる気配がありません。また予報に反して風が強く、軽い仕掛けが馴染みません。
隣では大塚会長が竿出し直後から好調に魚を掛けているのにこちらは仕掛けを馴染ませるのに手こずっている間にエサを盗られてしまうので、諦めて仕掛けを交換です。ウキをフォースの5Bに変更し、ガン玉は5B+G3で仕掛けがややシモり気味に馴染んだところで仕掛けを張ると1投目からアタリ。元気いっぱいの尾長や口太が釣れ出しました。
潮はフラフラとしてほとんど止まってしまったりわずかに角度が変わったりしますが、基本的に下りで、予想していた上りの潮が来ません。
途中で見回りに来た船長から「贅沢言わないから45cmぐらいは釣ってよ!」とはっぱをかけられ、色々やってみましたが、最大43.5cmの口太。尾長も40cmを少し超えるぐらいまで。それでも2人ともクーラーは満タンだし、これ以上を望むのはそれこそ贅沢と言うものです。
クラブの例会などでは会長と私が2人で同じ磯に乗ることはありませんが、こういう機会に久々に会長の釣りを間近に見せてもらうと、あらためていろいろと参考になる点が多いものです。
富士山をバックに竿をだす釣り人の写真は先日、雲見に釣行した時のものです。
釣行データ 1月7日(火)
場 所:南伊豆 入間(牛根)
天 候:晴れ
渡 船:日吉丸
潮回り:小潮(満潮:午前9時半頃)

  • 001

  • 002

page top