磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年04月25日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@ヤイバ磯祭りin伊豆須崎@@

東京支部の石川です。

4月21日(土)静岡県伊豆半島須崎へ

【 2018ヤイバ磯祭り in 須崎 】に参加して参りました。

今年度も須崎からは2名、全国決勝ファイナルステージへの切符を

賭けて、熱い戦いが繰り広げられます。

今年はシード権が無いので一般枠から参加させて頂く事に。。

早朝ヤイバスタッフで集まり打ち合わせ。

そして選手共に集まり競技説明。 いざ出船。

抽選の結果私が降りた磯は二つ根と言う磯。

比較的大きい磯で私を含む3人で渡礁。

早速準備をして居ると。。水道付近に何やら浮きグレの気配。。

少し湾内のこの磯、磯割で3か所有る内1つが水道、

2つが如何にも釣れそうな沖向き。

じゃんけん優先権は自分が2番目、一番目の方は先端沖向き。

最近のプライベート釣行で得たデータ通りなら、

潮が効いている場所よりも水道の様な静かな所にグレはいるはず。

沸きグレらしき物も見えたし。。よって水道を選択。

朝一潮とそよ風が右に流れる状態。いつもの6メートルハリスに

00ウキをセットしてスタート。道糸が流れに捕られると

水中の仕掛けの馴染みが乱れるだけで無く、

僅かなアタリも取れ無くなるので、丁寧にラインを打ち返し

良型を上げて行く。 途中潮の速度が若干速まり、

ハリスを2ヒロに変更して糸ふけを多めに出し、

水中の仕掛けに違和感を持たせない事を心がけ流して行くと。

ラインに僅かなアタリ。

合わせを入れてやり取りを開始するも、凄まじい重量感。

ジリジリと糸を出しつつ竿の角度を一定に保ち、他の選手二人が

見守る中上がってきたのは55cmのチヌ。。

53cmだったチヌの自己記録をココでまさかの更新です。

やはりこのポイントはデカイ魚が居る。 それを確信した所で

風が強くなってきました。。 仕掛けが中々下まで落とせず

上がるのはほとんど表層にいる木っ端。 ここで場所変え。

場所変え後は爆風になり木っ端しか釣れず終了。。

その日一日を通してウキが沈んだ回数はナントゼロ。

全て絡まん棒やラインでしかアタリが出ない程難しい状況でした。

港に戻り検量して頂き。  結果は4、540gで優勝。

今年度は須崎、山口、那智勝浦、日振島、鶴見、と沖縄以外の

5会場を出場予定してましたが、これで何とか

自力で3年連続全国決勝ファイナル進出となりました。

竿 : 1号

リール : 2500番

ウキ : 海希ウキトーナメントV1 00号

道糸 : 1、2号

ハリス : 1、5号

針 : ヤイバ 釣闘競技5号
(55cmのチヌの口にもしっかりフッキング)

S__4120586DSC_4150 DSC_4126  S__4120587 DSC_3572 DSC_3777 DSC_3948

page top