磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年03月05日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

大会終了後に居残り釣行

 2月18日にチームヤイバ福岡支部懇親釣り大会が開催され15時に終了したので、撒き餌さと日没まで時間があるので、フィルドアドバイザーの安藤さんと大分県佐伯市蒲江周辺の岸壁で日が暮れるまで竿を振ることにした。

 

 開始一投目から安藤さんが25センチのヘダイを釣り上げた。私も急いで仕掛けを作り針は、ダブルエックスチヌ(イブシ茶)2号を結び、その間に安藤さんにアタリが連発し、25センチ前後のヘダイ、キビレを釣り上げていた。

 

これは、夕マズメで魚の活性が高く入れ食いかなと期待し、仕掛けを投入すると、25センチのメイタ、ヘダイ、キビレがコンスタントに釣れ、楽しませてくれた。

日が傾き、納竿まであと30分、良型を狙って仕掛けをダブルエックスチヌ2号から3号に結び直し、数分後に私のウキがゆっくり海面に入りラインがパラパラと弾けだし、アワセ入れると竿が大きく曲がった。重量感たっぷりの引きを楽しんでタモに入ったのは、ジャスト50センチの良型のチヌだった。

その後すぐに、安藤さんがアワセを入れた。竿を曲げ、チヌの特有の引きを楽しみながら35センチのメイタを釣り上げて納竿となった。

 

 今回、私は針先がX型に切れ込むリアルクロスポイントは魚の硬い顎に触れるだけでスッと流れ込むように食い込む、ダブルエックスチヌ(イブシ茶)2、3号使用。

 安藤さんは、ケイムラフックが海中でま妖しく光り、魚の捕食本能を刺激し、餌を喰わせる、喰わせチヌ(ケイムラ)2号を使用。

 

大分県佐伯市蒲江周辺では、大型のチヌが釣れる人気の場所でもあります。皆さんこれから乗っ込みシーズンなので大型のチヌを狙ってはどうですか。

IMG_3712 FullSizeR IMG_3706 IMG_3710 IMG_3708IMG_3711

page top