磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年01月31日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

大分鶴見釣行

今年に入って2回目の釣行です。今回も大分県南の鶴見の磯へ行ってきました。パートナーは福盛さんです。朝まずめから午後9時30分の満潮までを上げ潮のポイントで竿出しをして、引き潮になって湾内のマル秘ポイント(凪の日にしか上がれない)で竿を振ります。今日の磯の状況は、天気予報通り、風も微風程度で良い気象条件です。

午前3時の便で出航です。週末の磯は、熱い釣り人で満員御礼のようで、空いている磯が少ない。何組かの釣り人を下ろして、オオバエのステージと言う、足場の良い磯に上がりました。ここは上げ潮のみのポイントです。針は、YAIBAのフカセ遠投モードの1.5号を結びました。今までに、針折れのない、信頼の一本です!激流が沖に向かって流れています。夜が明けた午前7時過ぎから竿を振りました。数投は、ツケエに変化が見られなかったのですが、50m程沖目で、道糸が弾ける当たりが出ました。慎重に寄せた魚は「イサキ」でした。

それからは、隣の福盛さんも頻繁に当たりが出ているようです。型は35㎝から40㎝程ですが、潮に逆らって釣り上げるので、なかなか楽しいやり取りが出来て楽しいです。竿出しをしてから1時間程はポツリポツリと当たりが出たのですが、午前8時過ぎ位からは、ツケエが無くならない状況になってきました。

良いタイミングで「海翔丸」が迎えに来ました。湾内のマル秘ポイントへ移動をしました。磯上がりをして、準備をしていたら、急に北西風が吹き始めました。これから潮が下げに入るから大丈夫だろう!しかし、自然は恐ろしいもので、竿を出し始めてから10分も位したら、波しぶきが……バッカンの中も海水でビチョビチョ状態! 身の危険を感じて、船長に電話をしました。また、瀬替わりも考えましたが、全身ビショ濡れだったし、マキエも使えそうに無いので、早めの納竿としました。帰りに海を見ましたが、今まで以上に荒れていました。無理な釣行は危険だと改めて認識しました。

1516657535533 PA300002

page top