磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月05日掲載文

渡邊真樹氏のレポート

かかり釣りレポート

2月23日に三重県 志摩市 磯部町三ヶ所のフィッシングセンター マンボウさんへ、かかり釣りに(今年の初釣り)行きました。
ここマンボウさんは、昨年立ち上がりましたチームヤイバ かかり釣り部門で大変お世話になった渡船屋さんです。
季節によって、型、数、どちらも狙いにいける素晴らしいフィールドです!
季節は冬、2月に入り全国的に寒波が襲うなど、3月はすぐそこですが、まだまだ厳寒期といった感じ、当日も強風の吹き付ける寒い1日でした。
僕も他に漏れず 冬の一撃大物狙い!
竿1.5メートルに両軸リール、ライン2.5号を道糸ハリス通しで、ハリはヤイバ ライトニングエックスの5号!
朝一番は、ボケ餌で落とし込みからスタート。
1時間程探りましたが、全く生命反応は無く、餌取りすら皆無…
ダンゴ釣りに切り替え、魚を寄せるべくテンポ良くダンゴを打ち返しますが、全く魚が寄ってくる気配も無いまま昼を過ぎました。
ボケ、オキアミ、サナギ、アケミ貝と餌をローテーションしても、ダンゴ釣りの合間合間に落とし込みで探っても、状況は変わらず…
潮は小潮のうえ一方通行…潮の変化に期待するも変化無し。
こんな状況が続いたまま、時間を確認すると16時半に…最終の迎えの船の時間は17時、ここで竿と玉網だけを残して全ての道具を片付け、ギリギリまで粘っても直ぐに船に乗れる様にして、落とし込みだけで狙う事に。
ポイントを少しづつ変えながら、落とし込んでいく。
釣り座から渡船場は目視出来る距離。
渡船場に目をやると、渡船屋さんの大将が迎えの準備をして、船を動かし初めているのが見えたので、次をライト一投と決め、ボケ餌で落とし込み 着低後は穂先にしっかりとテンションを掛ける。
20秒程経った時、穂先がフワっと持ち上がりテンションが抜けました。
何かが食い上げた!
ここまで何の生命反応も無く、一度もアタリが無い状態だったので半信半疑な感じで、そっと利いてみると穂先が残る!
次の瞬間、考えるより先に体の方が反応して、自然とアワセを入れてました(笑)(笑)
腕に伝わるチヌ特有の引きと重量感!
興奮を抑え慎重に巻き上げ、無事に水揚げ成功(笑)(笑)
釣り上げたチヌは47センチでした。
年無しには届かなかったですが、大満足の1尾です。
家に帰り捌いてみると、少しですが卵を持っていました。
まだ寒い日が続いてますが、季節は春に近づいている事を実感、いよいよ三重県も乘っ込みシーズンに入りつつある様です。
次回の釣行は乘っ込みの大物を狙いたいと思います。
皆さんも機会がございましたら、三重県への釣行オススメです!

  • 001

  • 002

page top