磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
1 / 4612345...102030...最後 »

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年08月16日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

泊浦・武者泊の二日間釣行☆

2017年7月15日(土)

こんにちは!(^^)! 高知支部の大谷です。

梅雨も終わりに近づき、猛暑日が続く時期ですが、暑さ対策を万全にして磯に通っております(*^。^*)

今回は15日泊浦、16日武者泊と2日間釣行に行って参りました。

 

まずは初日の「泊浦」の釣行日記です。

気温も水温も高く、参加者は少ないですが、頑張りました(*^。^*)

渡礁した場所は「ゲンバの1番」(*^。^*)

ワタシ自身は初めての磯ですが、磯も割と広くて、釣りやすく(同行者談)、魚影も濃い(潜水士の船頭さん談)とのことです(*^。^*)

 

5時半に磯上がりして、仕掛け・撒き餌・日焼け止めの準備、準備(*^。^*)

出来上がった頃には満ち5分といったあたりで、沖向きの深場を狙ってみます。

 

毎度毎度のキバンドウ、イガミ、フエフキ、オヤビッチャ・・・((+_+))

わかってはいたことですが、夏磯はエサ取りが多く本命の姿はなかなか見えず((+_+))

タナを浅めにして遠投して流すも・・・釣れてくる魚は変わらず(-“-)

 

休憩がてら周りの状況を確認に向かうと、中型グレを釣っている方もいらっしゃいます(#^.^#)

浅場はチョウチョウウオ、ツノダシ、オヤビッチャが多く釣りづらいとのことです。

 

日陰で十分に休憩をとって元の位置で竿を出します!(^^)!

すると・・・一投目で!!

やっと キタ—————————-ッ(*^。^*)

口太37センチ!(^^)! 自慢にはならないサイズですが、苦労?して掛けることができたのでうれしかったです!(^^)!

そのあと、35センチを1枚追加しました(^o^)

 

この磯はシモリも多く、船頭さんからハタ系の魚影も濃いと覗っていましたので、本命2枚に気を良くして、おいしいおみやげ「アカハタ」「オオモンハタ」を狙って岩場の影を狙ってみましたが、狙いは外れました((+_+))

しかし、タダでは転ばず、ガシラ5匹(全て20センチ越え!)を加えることができました(#^.^#)

 

本日は大きい磯で、日陰で休むことも出来ましたが、暑さ対策を万全にして、明日も頑張ります!(^^)!

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.75号 5m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : 2・25号

ウキ : B・2B・1号・・・深くても浅くてもエサ取りは元気でした((+_+))

ハリス : ヤイバウルフラインハリス2.5号

ハリ : ヤイバグレ(茶)6号・7号

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年08月10日掲載文

フィールドモニター松野徹氏のレポート

酒田北港でのチヌ釣り

みなさん、こんにちは
宮城支部の松野です。
今回は、いつもの庄内磯ではなく、少し足を延ばして酒田市の北港の防波堤から、真鯛と黒鯛を狙って釣行してきました。
宮城の自宅を0時に出発し、途中SAやコンビニで休みながら、3:30
頃に現地に到着しました。
まだ暗いなか、もう既に数人の釣り人が確認出来ます。
しかしながら、広い堤防ですので問題なく釣り座を確保出来ました。
コマセを作り、竿の準備が終わってもまだ薄暗く、季節の移り変わりを実感しつつ、釣り開始。
ここは、磯場と違って餌盗りはほとんど気にならずに釣りが出来ます。
ただ、かなりの遠投での釣りとなるため、コマセも遠投が出来て底に溜まるものを使います。
柄杓も遠投を意識して、柔めの80cmのものをここでは使っています。
せっせとコマセを打ち、仕掛けを打ち直していると・・
逆光で見えづらいウキが、消し込むのが見えて
一呼吸おいてラインがピンと張ります!
しっかりとアワせを入れ、竿を立てると魚信があり
大きくはありませんが、本命の黒鯛!
その後一時間ほどで、同サイズが追加されましたがちょっと不満です。
そんな気持ちを海の神様が忖度してくれたのか、間もなく45サイズの黒鯛が竿を絞ってくれました。
真鯛の姿を見たいが為に頑張りましたが、日の出とともに急速に気温が上昇して、あまりの暑さに予定時刻より早い納竿となりました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年08月07日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

沼津内浦でのチヌ釣り

8月4日静岡県沼津内浦に釣行してきました。

沼津近郊はあまり状況が良くなく試行錯誤の釣りでした。

朝10時頃現地入りをして準備をし実釣開始。

開始早々は餌取りの反応も無くオキアミも無傷で残るような状態。

あまりハワセ過ぎも良くないと思いタナは少し詰め気味にセッティング。

ダンゴもなるべく崩壊を早くしながら様子を見ます。

すると餌取りの反応がやっと出始めフグやベラがヒット。

少し針自体の自重を軽くしたかったので閃刀チヌヘビーから極チヌに変更。

すると微かに1目盛程度抑えるアタリがあったので合わせると本命の25センチ。

さらなるサイズアップを狙いますがなかなか次には続かずまた振り出しに。

午後になり潮が上がってくると急にまた餌取りの反応が無くなりエサが無傷状態に。

そんな状況で夕方になり始めたころまた小さなアタリが。

合わせてみると結構な重量感だったのですが船の係留ロープに巻かれて痛恨のバラシ。

その後すぐに35センチ弱の本命がヒットしたところで撤収となりました。

 

餌取りも本命もまとまってる感じが少なくなかなか苦戦を強いられる一日でしたが何とか本命の顔が見れて良かったです。

閃刀チヌから極チヌに変えて明らかにアタリの回数が多くなりました。

またフッ素コーティングという事もあり些細なアタリでもしっかりと口元を捉えていました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年08月04日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

楽しかった泊浦釣行☆

高知支部の大谷です。

最近ハマっているのが、ここ泊浦です。せっかく高知に住んでいるわけで、全国の磯釣り師たち憧れの沖ノ島・鵜来島などもすぐ近くから渡船が出ているのですが、ワタシはなぜか泊浦(#^.^#)

もちろんお誘い頂ければ、どこでもついていきますので~(#^.^#)

 

さて、今回は泊浦の一級磯!4名の釣行で「白鼻小島」を貸切です。

表の船着き側に2名、裏に2名で渡礁しました。ワタシは裏側に降り、水道のカナトコ側を狙います(#^.^#)

 

この場所は、モイカの実績も高いということで、とりあえず、エギをセット(*^_^*) あまり経験はありませんが、見よう見まねでやってみると・・・なんとすぐにイイダコが・・・(@_@;) マグレだった様で後が続かないので、本職のフカセに(*^_^*)

 

早速、ごあいさつのカワハギ(#^.^#) もちろんキープ(#^.^#)

次に大きめのイガミ(#^.^#) もちろんキープ(#^.^#)

さらにカワハギ(#^.^#) もちろんキープ((+_+))

あれっ、チヌ・グレの本命はいずこへ?

おいしい魚たちや、カラフルな魚たちにはお相手してもらえるのですが、野武士の様なお魚や目が魅力的なダークブルーのお魚には見向きもされないので、表側を偵察がてら場所移動!(^^)!

 

表の船着き側は2名ならんでいらっしゃいました。口太がぼつぼつとのこと(#^.^#)

ワタシは入れそうにないので、西側の「ワレ」で探ります(#^.^#)

沖向きに流れる潮に対し、シモリ際から投入し、馴染むと・・・

やっと キタ————————–\(◎o◎)/!

口太37センチ(#^.^#) 大騒ぎするほどではないですが、とりあえず1匹目(#^.^#)

そのあとはなんとかキープサイズの口太とカワハギが交互に上がってきます(#^.^#)

 

そうこうして遊んでいると、船頭さんがこられて、「アカサキ行くかえぇ~」と有り難いお言葉(^o^)

初めての場所で苦戦中のワタシを見かねて・・・か、どうかはわかりませんが、船着き側の2名を残し、釣り馴れたアカサキに「行く~(^o^)」と移動を即断(#^.^#)

 

満潮前で、アカサキも沖へ出ることは出来ませんが、とりあえず過去の経験から導き出した、北側のシモリが点在する場所で竿出し(#^.^#)

 

すると、早速 大きなイガミ(#^.^#) もちろんキープ(#^.^#)

続きまして~カワハギ(#^.^#) もちろんキープ(#^.^#)

続きまして~フエフキ(#^.^#) 入れ食い(#^.^#) 25センチぐらいなので口掛かりはリリース(-“-)

あれっ(-“-) ここも((+_+)) 本命が・・・(涙)

 

仕掛けの投入先を沖向きに変え、粘っていると、ウキがゆっくり沈みだし~合わせると~

本命キタ—————————ッ\(◎o◎)/!

チヌ48センチ~(#^.^#) アカサキは満潮後の引き始めがいいのかな?前回と同じころに同じサイズを仕留めることができました(#^.^#) でもその後が続かないのがワタクシのすごいところ(-“-)

毎回1枚しか仕留めることができません。そして今回もチヌはこの1枚のみで終わりました((+_+))

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.5号 5.3m    リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : ヤイバウルフライン2.5号・・・そろそろ巻き替えよう((+_+))

ウキ : 2B・3B・4B・・・今回は深めも探ってみました。でも竿1本ぐらいまでが良さそうです。

ハリス : ヤイバウルフラインハリス2.5号    ハリ : ヤイバグレ(茶)6号・7号

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月31日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

西伊豆田子港でのチヌ釣り

7月27日西伊豆田子港に釣行してきました。

例年ではそろそろ数釣りが楽しめるので期待しての釣行でした。

釣り場に着くとまだ足下には藻があちこちに生えていて例年には無い状況。

地元の方にもお話を聞くとまだ一面に藻がありほとんど切れてないとの情報でした。

そんな中一部砂地らしき場所があったのでそこをポイントにする事に。

棚を取りながら餌取りの様子見でまずは閃刀チヌミドルをチョイス。

すると早々にベラがヒット。

その後棚を取り終えた後もコンスタントに餌取りの反応が。

そんな中大きなアタリがあり少し早合わせではありましたがヒット。

すると35センチのメジナ。

その後はアイゴやボラの反応が多くなってきたので棚をさらに深く取りハワセスタイルに。

ハリもミドルからヘビーに変えなるべく崩壊地点から刺し餌を動かさない作戦に移行。

するとそんな中ようやく40センチ弱の本命がヒット。

何度か藻に入られましたがなんとか取り込む事が出来ました。

夕方までハワセ幅の調整をしながら何とかクロダイを4尾ゲット。

サイズ的には45センチが最大でした。

そんな中数尾大型の魚をヒットさせましたが藻に巻かれてライントラブル。

姿を見る事は出来ませんでした。

 

今回は流せる範囲が極端に狭くすぐに藻に絡んでしまう為早合わせの連発となりました。

そんな中でも閃刀チヌはしっかりと本命の口元を捉え安心感のあるやり取りをする事が出来ました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月28日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鶴見釣行

梅雨明け間近の磯へ、最後の梅雨グロ&マズメのイサキを狙って行ってきました。今回は、大分県南の鶴見大島へ行ってきました。同行者はクラブ員の山南君です。午前4時出航の、のんびりした釣行計画です。期待の朝マズメは、タカベの猛攻に遭い、完全に戦意喪失!しかも、釣れてくるタカベの丸々としてデカいのが多いんです。日頃からのエサ撒きの結果なんでしょう!

見回りの便で、沖磯から湾内へ瀬変わりをしました。すると、ここにはタカベの姿はなく、アブッテカモの姿がチラホラ見えるのみです。瀬際にエサ取りを釘付けにして、沖にマキエを入れました。ツケエが残ってきました。チャンス! 何度か繰り返しをしていたら、0号のウキがきれいに海中に突っ込んでいきました。何度かの突っ込みをしてくれたクロは、35㎝のこの時期では良型の地グロでした。

マキエが効いてきたようで、その後ポツリポツリと釣れました。こうなったら、欲が出てきて40㎝オーバーが欲しくなります。しかし、姿を見ることなく納竿の時間になりました。途中、真っ昼間ですが、35㎝位のサバの群れに遭遇をして、美味しいお土産も出来、満足の釣行となりました。今回使用した針は、YAIBAの釣闘競技の4号~5号です。軽くてクロに違和感を与えることなく、クロの口元までツケエを運ぶ事が出来ます。 今年の大分県南一帯の磯、釣れてないです!秋磯に期待をしたいものです!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月15日掲載文

フィールドモニター曽我芳子氏のレポート

高知県足摺岬釣行

7月2日、倶楽部仲間の誕生日杯をすることになり、足摺の磯に行ってきました。

祝うかのように梅雨の合間の晴天!

 

気合いだけ充分の私は、朝から釣れるが、引きの楽しみもないくらいの小長グレばかり( ノД`)シクシク…

11時頃から潮もよくなり釣れだすが、3回連続切られてしまう。

多分、犯人はサンノジかアオブダイでしょう?

ハリス1.7号から2号に交換、ハリもプロフェッショナルグレ6号から、閃烈グレ7号に

交換!

4回目で切られることなく釣上げたのが、40アップのサンノジ!

その後もサンノジのオンパレードでした。暑く苦しい釣でしたが、引きは存分に楽しめました。

これから暑い日が続きます。皆さん、熱中症には気をつけてください。

 

使用の針

プロフェッショナルグレ   6号

閃烈グレ          7号/8号

道糸  ヤイバウルフライン 2号

ハリス ヤイバウルフライン 1.7号/2号

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月23日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

泊浦でのグレ・チヌ釣行☆

高知支部の大谷です。

3月に行った泊浦釣行でいい思いをさせてもらったので、仲間たちと今シーズンもう一度行くことになりました!(^^)!

チヌ場でありながら、前回はチヌの顔を拝めませんでしたので、そのリベンジも兼ね3名での釣行です!(^^)!

ワタクシともう一人は上物ですが、一人はカワハギを専門に狙うとのこと(一緒に行くのは初めての方ですが、聞くところによるとカワハギ釣りに関しては相当の腕の持ち主らしいです)(#^.^#)

 

今回渡礁したのは「アカサキ」(前回、楽しめたので、同じところ)(#^.^#)

朝10時頃が干潮ということで、とりあえず沖の方で竿出し(#^.^#)

前回もこのあたりで口太が来たのになぁ~と思って引かれ潮の中を張り気味に流していると・・・

やっぱりキタ――――――――――――ッ(*^。^*)

シモリへの2,3度の突っ込みをかわし、上がってきたのは、38センチの口太ちゃん(*^。^*)

そして、前回同様しばらくはグレのあたりが続きました(#^.^#)

1時間程度、口太時間が経過し、最長寸は最初の38センチでしたが、キープサイズは8枚!(^^)!

 

それからは、小フエフキ、小バンドウなどが、退屈しない程度にウキを沈ませてくれます((+_+))

 

そんな中、干潮過ぎの潮が動き出した時に、ウキがゆっくり沈み込む本命らしきアタリが!(^^)!

 

ゆっくり、大きく合わせフッキング(#^.^#) チヌ特有の引き(#^.^#)

シモリ際に沿って逃げようとする本命を大事にタモ入れしました。45センチ(#^.^#)

泊浦サイズとしては小さいですが、久しぶりのチヌに満足満足(*^。^*)

「もういっちょ~!」と思いチヌ針3号に変えましたが、奇跡は続かず・・・((+_+))

 

結局持ち帰れる魚はこれが最後でしたが、前回同様、退屈することなく、最後まで楽しめました。

 

船着きでカワハギを狙っていた方も、午前中はテンポよく釣り上げていましたが、午後からはあたりが遠のいたとのことでした((+_+))

 

船頭さんも親切で、いろいろと教えて下さり、実際に釣果も期待できる泊浦を仲間たちに広げたいと思っております(*^。^*)

 

なお、唯一のチヌですが、大切に大切に水たまりで飼っていたのですが、満潮の高波の時にお帰りになられました(;一_一)(-“-)

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.5号 5.3m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : ヤイバウルフライン2.5号・・・半年ぐらい巻き変えてない((+_+))

ウキ : 2B・3B・・・エサ取りが多いので軽い仕掛けは難しいです(#^.^#)

ハリス : ヤイバウルフラインハリス2.5号

ハリ : ヤイバグレ(茶)6号・7号、ヤイバチヌ(白)3号・・・チヌ針では釣れませんでした((+_+))

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月19日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

例会で新島 鵜渡根釣行

5月28日(日)は久しぶりの離島例会で新島・鵜渡根に行ってきました。

渡礁順を決めるくじ引きで珍しく3番と言う良い番号を引き当てた私は、柳川氏と二人で鵜渡根の「岡の高島」の北端「中の島向かい」と呼ばれる場所に降りました。

晴れて風が弱く海も少しウネリがある程度ですが、日中はかなり暑くなりそうです。

 

今日の狙いはとにかくデカい尾長一発です。3号の磯竿(6.3m)に道糸とハリスは5号通し。針はヤイバグレの9号を結びました。

 

コマセを撒くと足元にはおびただしい数のエサ取り。タカベと小さなイサキが主体のようで、仕掛けをおろすとエサは一瞬でなくなってしまいます。

足元にコマセを入れながら潮の中を狙うと釣れてくるのはイサキばかり。沖目の潮のヨレまで遠投するとやっと尾長が釣れました。離島例会での検寸対象は40cm以上です。

メジナとイサキがひっきりなしに竿を曲げてはくれますが、メジナは最大でも47~48cm。せっかく鵜渡根に来たのですから大きな魚を釣りたいと、あの手この手を尽くします。

 

目の前の「沖の高島」の際を流していると少ししもったウキが動かなくなり、聞き合わせてみるとグンと力強い引きがありました。大きな魚です。グイグイと竿を曲げて全く寄ってきません。

この手応えです!他の魚なんかどうでも良い!こいつを釣りに来たんだぁ!とアドレナリンが全開です。

ところが格闘の末にやっと水面に浮かんだのは60cmを優に超えるイズスミでした(>_<)

その瞬間に竿先が跳ね上がって、全く残念ではないバラシ。うまい具合に針がハズれてくれたものです。これでこの日は終わりでした。

 

 

釣行データ 5月28日(日)

場 所:鵜渡根 岡の高島(中の島向かい)

天 候:晴れ

渡 船:かねよ丸

潮回り:中潮(干潮:12時半頃)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月16日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

熊本高浜釣行!

今回は、九州の西海岸にあたる天草の高浜へクロ狙いで行ってきました。ここ数年、大分県南のクロの状況が思わしくなく、目先を変えて熊本釣行です。渡船の出航は午前5時とやや遅い出港です。その分、期間には余裕を持って出発が出来ました。

今回上がった磯は、小ヶ瀬の本瀬という磯です。ここ天草西海岸一帯の磯は、朝マズメより、夕マズメにビッグチャンスが訪れるようです。朝マズメの右流れの潮で、気持ちの良いウキの消し込みで上がってきたクロは42㎝でした。まだ、本格的な梅雨グロではないようです。午前中はクロ2枚とブダイ、サンノジ沖縄の県魚グルクン等のエサ取りでしたが、夕方3時過ぎから4時30分の潮止まりまでは、クロの45㎝を頭に3枚、イサキ数枚、エサ取り多数!と多彩な釣果に恵まれました。

 今回使用した針は、YAIBAのフカセ遠投モード1,5号と2号です。この針の特徴は針掛かりの良さはもちろんですが、今まで針を折られたことが1回もない信頼の1本です。次回は、旬のイサキを求めて高浜へ行ってみたいと思います。

1 / 4612345...102030...最後 »
page top