磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
1 / 6812345...102030...最後 »

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年02月24日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鶴見釣行!

今期好調の大分県南の磯へ行って来ました。使用した針は、新発売の鋭貫グレ6号を使用しました。軸が太くて仕掛けがしっかりと入って行きます。当日は、クロの活性が低かったようですが、鋭貫グレは、クロの上唇にがっちりと針掛かりしていました。途中、食いが落ちたので、針を6号から5号に変更をしたら、再び食いが戻りました。潮の動きが良くなかったのですが、頻繁に誘ってクロの食いを促し、仕掛けの安定を図る釣り方に、鋭貫グレは持って来いの一品が出たなぁー!って気がします。次回の釣行が楽しみです。当日は、47㎝頭に12枚のクロが飛びついてくれました。数枚はキープして残りはリリースをし、次回用に取って置きました。

DSC_0327 CENTER_0002_BURST20210220074325428 DSC_0325

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年02月22日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@ピンクスペシャル@@

静岡支部の石川です。

 

敷居の高い磯釣り『グレ釣り』を堤防でお手軽に!

 

釣って楽しい、食べて美味しいグレ。

 

レギュラーサイズのグレなら堤防で手軽に狙えます。

 

是非チャレンジしてみて下さい (^^♪

 

 

 

釣行当日はまだまだ水温が安定せず、

 

途中後半は雨にも見舞われ大苦戦。

 

短時間釣行ではありますが、

 

食べごろサイズの堤防グレをキャッチ。

 

 

 

使用した針はカン付グレ針の6号。

 

カン付タイプの為、初心者の方でも非常に結びやすく

 

なって居ります。

 

 

 

<チェックポイント>

・立ち入り禁止区域への侵入に注意。

・必ずフローティングベストを着用。

・季節に応じて十分な防寒、水分対策。

 

 

 

今回新たにリリースされたピンクスペシャルシリーズ。

 

ホワイトをベースにパッションピンクカラーが入った

 

とても綺麗なカラーデザインとなって居ります。

 

 

 

エサケースの蓋の部分には小物を置けれるので、

 

仕掛け交換時小さな仕掛けパーツの紛失を防ぎ、

 

仕掛け交換がよりスムーズに行えます。

 

 

 

・ヤイバウルフチヌスナイパーPS 0、6号

・ヤイバウルフフィッシュキーパーPS

・ヤイバウルフ40cmPS

・ヤイバウルフ水汲みバケツPS

・ヤイバウルフ杓立てPS

・ヤイバウルフエサケース・ダブルPS

・ささめ針カン付グレ6号

 

今回の釣行で使用した上記の商品は、

今ご覧のYAIBA-X公式ページよりご覧いただけます。

 

 

 

<タックルデータ>

ロッド : ヤイバロッドウルフチヌスナイパー0、6号

リール : 2500番

道 糸 : 1、2号

中ハリス : 1、2号

食わせハリス : 1、5号

ウ キ : 修道0号

ハ リ : ささめ針カン付グレ6号

小 物 : ヤイバXフロートストッパーオレンジ

刺 餌 : マジックパウダー(鰯)

DSC04234 DSC04236 DSC04242 DSC04248 DSC04268 DSC04420 S__557099 DSC04184 DSC04231

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年02月15日掲載文

フィールドモニター松崎裕真氏のレポート

宮崎県日南市南郷のかいゆう丸にて

2月5日に宮崎県日南市南郷のかいゆう丸にて釣友と釣行してきました。

仕掛けは竿は1号の5.3メートル、リールは競技タイプ道糸、中ハリス、喰わせハリス共に1.5号浮きは山本釣具センターオリジナル聖の-1、針は渋グレ5号からスタート。

開始数投目、35センチ口太がヒット。

朝一から釣れるのは嬉しいがこの時間帯に釣れると今日は厳しい釣りになるよなーっと思いながら釣ってました。

すると、小長が釣れ、嫌な感じだなーっと思い針を外し、釣りを続けるとやはり厳しい釣りへと…

クロが釣れる時に釣っときたいと思い、釣り開始、1時間ほどで喰わせハリスを1.25号、針を渋グレ4号に結び変え。

すると30前半の口太と小長が連続ヒットし、5枚ほど釣れました。

釣友が苦戦していたので釣り方など伝え、場所を交代してみました。釣友の釣り場では餌は取られるけど当たりが出ないとの事。場所を交代して1投目、30センチほどの口太がヒット。その後ポツポツと数枚釣れました。その後撒き餌を切らす為に、30分ほど休憩に。

昼からは付餌がつきっぱなしの事が多く

クロが口を使う時に喰わせたいと思い

喰わせハリスを1号、針をヤイバ渋グレ3号に結び変え、浮きを釣研フローズG5に変え沈み瀬周りを狙ってみました。

すると40前半のサイズが連続ヒット。

最終的には2人共2桁安打で2人で考えながら楽しく釣りができました。

 

詳しい情報は

かいゆう丸相賀船長に

ご連絡してください!

090 5946 7258

 

image1 image2 image4 image3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年02月08日掲載文

フィールドモニター松崎裕真氏のレポート

宮崎県日南市 大島エリアへの釣行

1月18日に宮崎県日南市

南郷のかいゆう丸にて

大島エリアに釣行してきました。

撒き餌を撒き始めると

沖にはダツ、

瀬際にはヒブダイやブダイが見えます。

朝1の仕掛けは

竿1号ー5.3m

リールは競技タイプ

道糸、中ハリス、先ハリス共に1.5号。

浮力G5の浮きに、

針はヤイバ渋グレ5号からスタート。

1投目からダツが釣れ入れ喰い状態に。

ダツの反応がなくなると

32センチぐらいの口太が釣れ

その後35〜40センチ弱ぐらいまでを

2枚釣れ、いい感じだな〜っと

思っていると

潮が動かなくなり、

また、ダツの入れ喰い状態に。

撒き餌ワークで交わせないか

色々してみたけど難しく苦戦。

昼前になり

左前から強風が吹き釣り辛い状況に。

ここで浮きを大きめにし、

浮力をG3に交換。

ダツも多いため

ガン玉を段打ちにし、

早めに仕掛けを立たせ、

ダツを交わすイメージで

釣ってみました。

浮きに当たりはあるものの

なかなか喰い込まず…

ここでハリスを1.25号、

針をヤイバの渋グレ4号に交換。

すると、

30〜42センチぐらいまでの

口太が3枚ほど釣れました。

その後

喰いが悪くなり

当たりはあっても

掛からない状況に。

時間も回収時間まで1時半ほど

しかたなく仕掛けを変更。

浮力0の浮きに、ハリス1号、

針をヤイバ渋グレ3号に。

左前からの

風が強いため

浮きをできるだけ遠投し

馴染んでから撒き餌を打ち、

同調させると

この日1の当たり。

仕掛けが

細いために慎重にやり取りをし

この日最大の45.5センチを

釣ることができました!

その後40〜45センチまでを3枚釣り、

最終的に

10枚のクロを釣ることができました。

 

ダツと強風に

苦戦しながらもなんとか

納得のできる釣果となりました。

 

詳しい情報は

かいゆう丸相賀船長に

ご連絡してください!

090 5946 7258

 

TEAM  YAIBA  宮崎支部

YAIBA-X  FIELD STAFF

松崎裕真

image4 image5 image0 image2 image3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年01月13日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

2021年初釣り釣行

福岡支部の安藤支部長と1月2日(土)に大分県佐伯市の屋形島の磯でクロを狙った。当日は、午前3時に真徳丸の駐車場に到着しゆっくりと準備を済ませて4時30分に出船。向かった先は屋形島の「犬戻りのチョン」に上礁。5時30分に準備が整った安藤支部長が良型狙いで「閃烈グレ7号」を結び夜釣り開始。30分後、竿が大きく曲がり、やり取り中に、瀬にラインがアタリ痛恨のラインブレイク。仕掛けを作り直し狙うがアタリがなくなり、空が明るくなりだしたので、日中の仕掛けに変更。安藤支部長は「閃烈グレ5号」。私は「スピードグレ(スレ鈎)5号を結んだ。開始早々、20~30センチサイズのクロが釣れ出し一投1匹釣れる活性が高い状況になり30センチクラスをキープしながら楽しんだ。、9時過ぎに、色々と仕掛けを変えたがアタリが無くなり、早めの休憩を取った。14時過ぎにアタリが戻ってきたが、後半は「ヤイバグレ(ケイムラ)」を使用。タナや仕掛け、ハリを変えるがクロのサイズが20~30センチと数は釣れるが良型が出ない、夕マズ目に35センチサイズが釣れ納竿となった。今回、「スピードグレ(スレ鈎)」と「ヤイバグレ(ケイムラ)」をメインで使用したが、軽い仕掛けでは自重が軽い「スピードグレ(スレ鈎)」が良い結果となったと思います。安藤支部長は「渋グレ」と「閃烈グレ」を使い分けてい良い結果を出してました。これから屋形島一帯が良くなってくると思いますので是非挑戦してはどうですか。

DSC_1583 line_42806652716427 line_42833029495584 DSC_1577

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年01月13日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

2021年の初釣り

 年が明けた1月3日初釣りに行ってきました。同行者は中学1年の長男で実はどうしても釣りに行きたかったので嫁さんの許可が下りやすい長男を誘っての釣行という訳です。(笑)

 

 向かったのは生月島の灯台下という地磯。まずはしばらく息子のお世話係りから。

ハリス1.7号に針は『閃烈グレ6号』から釣り開始。しばらくするとマキエが効いてきたのかアタリはあるがエサだけ盗られるようになったので針を『ヤイバ口太グレリズム5号』にすると見事30cmオーバーの本命をゲット。これで父親の任務は完了したので自分も竿を出してみると40cmには1cm届きませんでしたが最大で39cmのグレを釣る事ができました。

IMG_2063 IMG_2060

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年01月12日掲載文

フィールドモニター池田竜也氏のレポート

高知県久礼の磯釣り

12月6日に、高知県久礼の磯に釣りに行きました。

当日は、大会(岡本住建杯)に参加しました。

波とウネリがかなりありましたが、何とか釣りは出来るようです。

 

僕は3人で、コグロという磯に上がりました。(良い磯です)

グレとチヌのどちらでも入賞(3匹の総重量)あるので、最初はグレから狙ってみたいと思います。

 

1-2ヒロ程度を攻めてみます。

サシエが残ります。。

 

2-3ヒロ程度を攻めてみます。

サシエが残ります。。

 

3ヒロ~底を攻めてみます。

サシエが残ります。。

 

生命反応が全くありません(泣)

恐らく急激に水温が下がったのが原因だと思いますが、エサ取りも全くいないのは、かなり厳しいです。。

潮も全然動いていません。

 

グレは、棲み処に隠れて出てこないと思いますので、根係覚悟で棲み処までゆっくりとサシエを落としてみますが、これでも反応がありません。。

グレは、いるにはいると思うのですが、何をしても反応なしです。。

 

手だてがなくなってきたので、シモリがありそうなところに50-60m程度遠投します。

4-6ヒロ程度を攻めていると

 

すーと、ゆっくりラインに張りが出来ていきます。。

竿で聞いてみると、魚の反応があります。

 

ガツン!!と合わせると、ずっしりとした重量感!!

 

頭を振る、独特のこの引きは

 

やっぱりチヌ(クロダイ)でした!

しかも45cmの良型(^^)

 

もうグレはあきらめてチヌを狙います。

グレ針から、閃刀チヌ2号に変えます。

残り時間2時間程度になりましたが、同じく遠投で40cm程度を2匹追加して、リミットメイク(3匹)を揃える事ができ、納竿としました。

 

帰港すると、やはり上手な方ばかりでグレもチヌも釣っていましたが、何とか入賞する事が出来ました(^^)

これから水温が安定してくれば、良くなってくると思います。

 

当日は、皆様朝早くから大変お疲れ様でした。

釣りが楽しかったです(^^)

IMG_20201206_135441 IMG_20201206_135448 IMG_20201206_135451 IMG_20201206_143025 IMG_20201206_062013

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2021年01月05日掲載文

フィールドモニター杉崎勝氏のレポート

2020年の納竿釣行で三浦半島へ

2020年の納竿釣行で三浦半島へ釣行してきました。

開始後しばらくは付けエサも取られず辛抱の時間が続きましたが、昼前からアタリが集中し、37センチの口太メジナを筆頭に数釣りを楽しむことが出来ました。

使用した針は閃烈グレの5号を中心に4~6号まで使用しました。

_20210104_062904

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年11月19日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@西伊豆波止グレ@

関東静岡支部の石川です。

 

同静岡支部の福井氏と佐藤氏の3人で、

静岡県西伊豆の波止へ行って参りました。

 

ここの波止は夜釣禁止エリアとなっている為、

いつも利用させて頂く福由丸の岡部船長と

近況話をして、明るくなるのを待って

ゆっくり準備に取り掛かります。

 

AM9:00頃のんびりとスタート。

まずは仕掛けを作る前にコマセを撒いて、

海の状況をしっかりと見て判断していきます。

餌を撒くと相変わらず大量の餌取りに囲まれます。

以前来た時はグレが捕食後横移動する為、

中々仕掛けにアタリが出なくて苦労しました。

しかしその日のグレの動きは以前とは違い、

コマセを捕食したグレが横移動せず

勢い良く海底へ下がって行きます。

おそらく水温が安定している証拠で

これからグレ釣りが楽しくなる兆しだと感じました。

 

堤防独特の当て潮から始まり、強い横流れ等々。

波止での釣りは1日に様々な潮や状況変化が訪れる為、

良い練習になるので日頃私は

9割近く波止場で釣りをしています。

 

難しい状況の中何とか仕掛けを送り込んで行きますが、

さすがに波止だけあって魚がスレています。

そこで今回選択した針は、

【YAIBA-X 渋グレ】

渋グレ3号・・・標準自重21、0mg

渋グレ4号・・・標準自重27、0mg

 

この針の特徴は超軽量設計で非常に軽く

グレを違和感無くバイトに持ち込み、

刺さりの鋭い【ヤイバ・エックス】で

スムーズにしっかりと刺さります。

更に短軸半スレ設計により刺さりをアシスト。

正に渋い状況に特化した頼れる針となって居ります。

 

実戦では40cm弱を3号で掛けましたが、

折れや伸びも無く強度もしっかりとした

仕上がりとなって居ります。

使用感としましては、

『 人が良く来るスレた波止場でも

魚に口を使わせる事の出来る針 』

と言った印象でした。

これから訪れる寒グレシーズンに活躍しそうです。

 

こちらの商品は今ご覧の

YAIBA-X公式ページよりご覧頂けます。

 

 

 

<タックルデータ>

 

ロッド : ヤイバロッドウルフチヌスナイパー0、6号

リール : 2500番

道 糸 : 1、2号

中ハリス : 1、2号

食わせハリス : 1号~1、5号

ウ キ : 修道F、0、00号

ハ リ : YAIBA-X渋グレ3号

     YAIBA-X渋グレ4号

小 物 : ヤイバXフロートストッパーオレンジ

コマセ : オキアミ6キロ + 米ぬか

刺 餌 : マジックパウダー(黄)

S__12148798 S__12148796 B99C0978-324F-4BBD-888F-D5A7765A1E88 E01FFE41-F272-40D1-9EE8-A14AB9989CF3 1BD37966-10AC-43C3-872B-866F1E43FC60 DSC_0051 DSC03821 S__12148802 S__12148801 S__12148800

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年11月19日掲載文

フィールドアドバイザー安藤大相氏のレポート

平戸宮ノ浦にクロ釣り釣行

去る10月31日(土)

釣友の 矢野 昌俊 氏(フィールドスタッフ)、チームヤイバに入会予定の23歳の若き釣り人・平野 彰 君。そして、平野君の同級生である 清水 竜斗 君 と釣り道場・平戸宮ノ浦にクロ釣りに出掛けた。船長によると「前日は時化。波は徐々に落ち着くと思うので、遅めの出船が良い」とのアドバイスを受け、福岡を午前4時に出発。宮ノ浦に到着したのは午前8時。普段の釣りより、ゆっくりしたスタートとなった。午前8時半、丸銀釣りセンターの「ニュー丸銀丸」での岸払い。「ニュー丸銀丸」は、宮ノ浦の沖合に浮かぶ上阿値賀島へ。船長が勧めで「上の裏瀬の角」に上礁した。

早速、仕掛けを作り、実釣開始。時間が経つにつれて、波は落ち着くとのことであったが、サラシがきつく、悪戦苦闘の釣りとなる。しかしながら魚影の濃い宮ノ浦。足の裏サイズのクロがポツポツと釣れ始めた。しかしながら、その上を行く30センチオーバーが中々出ない。午前11時、見回りに来た柴山伸幸船長(マリンエキスプレス丸銀)に瀬替わりをリクエストした。伸幸船長のナビにより、今度は、2名ずつに分かれることに。平野君と清水君は下阿値賀島の「魚のネヤの1番」へ。私と矢野氏は同じく「魚のネヤの3番」に上礁した。

以前、「魚のネヤの3番」に上礁した際、浅く釣ると良型がヒットした経験から、今回もハリスにガン玉を打たず浅く釣ることに専念した。すると第1投目で仕掛けが沖に一直線。浮いてきたのは35センチの尾長グレであった。久々の良型は非常に嬉しい。使用したハリは「ヤイバ閃烈グレ(イブシ茶)」(5号)。口元を見ると抜群の針掛かりであった。 矢野氏は、愛用していると言う「スピードグレ スレ鈎」(4号~5号)を使用し、いつもながら良型を連発していた。

平野君、清水君も「喰わせグレ(ケイムラ)」(5号~6号)を使い、30センチ~37センチの数釣りを楽しんだ様子。ヤイバの針で全員安打、非常に楽しい一日となった。秋も深まり、これから宮ノ浦はクロ釣りの好シーズンへ。筆者の宮ノ浦通いは続く。

取材協力:丸銀釣りセンター      0950-29-1006

     フィッシングなかはら今宿店 092-807-5082

1605685861375 1605685859660 1605685857242 1605685855305 1605685866365 1605685864673 1605685863137

1 / 6812345...102030...最後 »
page top