磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 6112345...102030...最後 »

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年09月18日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@ホームまったり釣行@@

東京支部の石川です。
9月14日に開催を予定していた2019ヤイバ磯祭りin伊豆須崎が中止になった為、
仲間達とホームグラウンドで釣行して参りました。
最近は暑さの為、大会遠征釣行のみでした。
久々のホーム釣行と言う事で、この日はマジックベイトの取材撮影も行いました。
我々5人が降り立った場所は静岡県西伊豆町田子の沖堤防。
朝一は軽いウキで沈め釣りからのスタート。
堤防特有の2枚潮は無い物の、風と波で道糸がふけてウキが浮き上がってしまう現状。
数投して海の状況が解った所で比重と体積の有るウキに変更。
ロッド操作で道糸が真っすぐになる様意識しながら仕掛けを入れて行きます。
そして狙い通りヒットさせ、30センチ前後の口太をゲット。
途中当て潮になり餌取が沸き始めたので、当て潮の切れ目にコマセを一定のテンポで打ち込み
餌取りを集め、ウキのフォールスピードを速めにして遠投し、そこにコマセを一投。
刺餌が海中で跳ね上がらない程度にロッドワークでラインにテンションを掛けて、
若干張り気味で細かいアタリを取って行きます。
私は40cmの口太をゲットし、仲間も46cm、44cmと好調にグレを掛けて行きます。
メインフックはヤイバ釣闘競技4号~6号を使用し、アタリが渋く4号を主に使用しました。
この沖堤防は釣り方が難しい場所で、状況も刻一刻と変化しとても良い練習になります。

そしてまだまだ暑さが残ります。
決して無理はせず、熱中症対策に水分は多めに持参しましょう。

スタイル : 沈め釣り

ロッド : イソリミテッド 1号
リール : 19テクニウム 2500番
道糸 : 1、2号
中ハリス : 1、5号
食わせハリス : 1、2号
ウキ : ゼロピットD 00号
針 : YAIBA-X 釣闘競技 4号~6号
刺餌 : マジックパウダー(黄)
釣果 : 31cm~40cm 4枚

DSC_5355 DSC_5283 DSC_5389 DSC_5212 DSC_5221 DSC_5359 DSC_5207 DSC_5243 S__45408289 DSC_5366 DSC_5376

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年08月06日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

静岡県下田の沖磯「神子元島」へと釣行

 8月3日(土)横浜真ぐれ会の例会で静岡県下田の沖磯「神子元島」へと釣行しました。

 毎日暑い日が続いていたので熱中症に気を使い飲料水を沢山持ち込み万全で磯へと向かいました。

 私が乗った磯へは仲間5名で乗り思い思いのポイントへと入り釣り開始です。 私が入ったポイントは左から右へと速い潮が流れあっという間に100メートルは流れ、その先の浅瀬根へと行ってしまい根がかりを頻繁にしてしまい、そこで足元を攻めるがエサ盗りが多く仕掛けが落ちつかず苦労していました。 釣り始め1時間くらい経つと少し沖の潮の流れが遅くなり、再度潮の中を釣り始めるとイサキが数投に一匹とコンスタントに釣れて同じような状況でメジナも混じるようになり楽しい釣りが出来ました。

 今回イサキが多く針を飲まれる確率が多く、また尾長メジナも釣れる場所でしたので 針を始めはヤイバグレ6号を使用していましたが、途中よりフッ素コートカン付きチヌを使用して飲まれないように対処しました。

 流れの中で向こう合わせの状態だったのでフッ素コートカン付きチヌの刺さりと軸が長いこともあり、飲まれずしっかりと刺さっていました。

line_25205964713403 20190803_114920 20190803_123643 20190803_132517

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年07月16日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

佐世保沖磯の梅雨グレ釣行

 7月6日、梅雨の晴れ間となったので長崎県佐世保沖磯に釣行してきました。

瀬上がりしたのは、片島のスベリ。上げ潮・下げ潮と潮がしっかりと動く場所です。

 

オナガも出る場所なので『閃烈グレ・ミドルの6号』から開始。沖の上げ潮の中を狙っていると道糸をひったくるアタリで40cm級のイサキをゲット。本命のグレを狙うべくジンタンの位置やツケエのローテーションで狙う棚を変えますが釣れるのはイサキばかりなので狙いを沖の沈み瀬に変えてみると狙い通り40cm級のクチブトをゲット。

 

その後もイサキにグレ、真鯛と好釣果に恵まれ、改めて閃烈グレの復活を望む結果となりました。

7.6 4 7.6 3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年07月09日掲載文

フィールドモニター井垣伸也氏のレポート

長崎県飛島磯釣り公園レポート

6月末日、梅雨グレシーズン終盤になりますが、長崎県長崎市の高島へ!

伊王島より定期船で渡る事ができ、日本でここだけかも知れませんが本格的な磯釣りができる釣り施設「飛島磯釣り公園」へ釣行してきました。

その日の天候は、朝からあいにくの雨模様。

次第に回復する予報で、午前9時頃には太陽も顔をだしてくれて最高の釣り日和になりました。

この日は、口太の30〜35センチがよく釣れました。

40オーバーを釣りたいのですが、なかなか出会うことができません。

針を飲まれる事も多発します。

そこで私超オススメの針は、「カン付きグレ」

カン付きなので結ぶのも楽だし、結び目がしっかりしっかり作れるから、通常の針よりも切れにくいです。

少々、強引に引っ張っても切れる事は少ないです。

この日は、浮いている口太の下に良型が居ました。

仕掛け投入のタイミングをズラしたり、手返しよく釣りを展開できたことで40オーバーの口太とも出会えました。

「カン付きグレ」超オススメです。

ヤイバファンの皆様、是非一度使われてみてはいかがでしょうか?

image2 image1

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年07月09日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

某メーカー様の地区予選大会に出ました!

2019年7月3日(水)神奈川県久里浜、東電堤防にて「M-1 CUP全国チヌ釣り選手権大会 関東地区予選」が行われました。参加者は約40名ほど。 一部崩落している中央部を除き、先端、根元側に分かれ競技を行います。私は根元側のグループに入り、選択権は真ん中だったので、空いている場所に入りました。

 潮は一文字の堤防を根元方向に向かって、当て気味に動いています。パイロット針は【ヤイバ チヌ2号】。ロングハリスにウキは000。針上30㎝にジンタン7号。先打ち10杯、仕掛け投入後に5杯のペースでポイントを作っていきます。コマセが溜まる場所で、数投目にグレが掛かってきたので針上のジンタンを5号に変更。仕掛けをコマセの投入点の沖側から深く差し込んでいくと餌が残りました。

針を【Wケン付きチヌ2号】に変更。付餌を大きめのむき身に変更して着底から横の誘いを入れると穂先を抑えるアタリで49cmを一匹目。同じ釣り方でカサゴが続いたので、底から半ヒロほど切って誘いを入れると道糸が走って同じクラスをキープ出来ました。【Wケン付きチヌ】の2つのケンが遠投や誘いをかけても、むき身のズレを防止し、ヒットに持ち込んでくれました。

 

結果的には全体3位に入賞し、11月のセミファイナルに進むことが出来ました。

そして、、、週末はセミの練習も兼ねて再びチヌ釣りへ。

餌取りはフグが時折掛かってくるものの、気にならない程度。ポイントが出来てくると餌が残り始め、投入を繰り返すとハリスにキンクが。同じコースを丁寧に流すと居食い気味に年無しがヒット。その後も大雨後の水潮の影響か、掛かってくる魚は全て居食い気味でしたが、【ヤイバ チヌ2号】が確実にフッキングし、ヒットに持ち込んでくれました。当日はコマセを帯状に溜め、付餌を長く底に置くことが釣果に繋がりました。

短時間での釣行でしたが、55.4㎝を頭に年無し2枚、40cmクラス多数と充実した釣行となりました。

1562552019187 1562552012915 1562552009317 1562551999490 1562552033422 1562552029502

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年06月06日掲載文

フィールドモニター杉崎勝氏のレポート

伊豆七島への釣行

6月2日、尾長メジナを求めて伊豆七島は鵜渡根島の磯へ釣行してきました。

開始早々から足元にはイサキ、タカベなどがエサ取りが見えていて、コマセを撒くと辺り一面がエサ取りだらけになります。

開始後ほどなくして本流が流れ出したので、本流に仕掛けを入れていくとエサは残りますが、メジナからのアタリはありません。

納竿間際に潮が緩みだし、足元に撒いたコマセにメジナが見え始め、辛抱強く狙うと尾長メジナではありませんでしたが、

口太メジナを釣ることが出来ました。

 

 

 

 

 

使用タックル:

竿:2号

リール:3000番

道糸:ナイロン4号

ハリス:フロロカーボン4号

針:ヤイバ尾長グレリズム(ケイムラ) 8~9号

ウキ:G2

DSC_2548

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年06月04日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

出るか年無し、南九十九島、乗っ込みシーズン終わりのチヌ釣り

南九十九島にチヌを狙いにいってきました。乗っ込みシーズンも終わるころではありますが、令和初のチヌの引き味を味わうべく、意気揚々と今回お世話になる沼本釣センターへ向かいました。案の定、あれだけ賑わっていたチヌ釣り師の姿は見られず少し寂しい気持ちになりましたが、磯は選び放題です。

今年に入り、まだ年無しと言えるデカバンを釣ってないので、船長にデカバンを狙える磯は在るかと尋ねたところ、「あるよ」との事、過去に61センチ、60センチの実績があるところで、口が白くなったデカバンがウロウロしているのをよく見かけるとのこと。それはぜひともよろしくと頼むと、「・・・ただねー・・」との意味深な言葉が。その言葉の意味は、後々明らかにするということで・・・。

さて、船はデカバンポイントへ向かいます。そこは松浦島の三年ヶ浦というところで、プチリアス式海岸のような入り組んだ湾になっており、いかにもチヌが好んで棲みそうな場所です。湾の行き止まりとなる手前にある磯が今回の釣り場です。足元から岬状にシモリが張り出しており、左右の駆け上がりがポイントとなるでしょう。湾の入り口が右側で、右から潮があてて来ているため、右の駆け上がりがより撒き餌がたまりやすいと考え、重点的に責めることにしました。沈み瀬となっている岬は15メートル先まで続いており、10~12メートル先周辺にマキエを撒きます。

仕掛け

竿:チヌ竿1号 道糸:1.75号 ハリス:1.75号を6m

針:フカセ遠投モードオキアミカラー3号 ウキ:00号 潮受けゴム下にジンタン3号

付け餌

オキアミ生と加工オキアミイエロー、練り餌の赤と黄色、コーン

撒き餌はオキアミ2角とコーンの缶詰を1缶、3.5kg入りの集魚剤を3袋混ぜたものを使用します。

足元に撒き餌を撒くと多数のフグが集まってきます。最初は00号のウキを沈めて底べったりを狙い、付け餌をローテーションしながら、何投かしますが、付け餌は取られず残ってきます。使用しているフカセ遠投モードにはエサ外れ防止が施してあるため、遠投に適しているだけでなく、回収時にエサが外れにくい為、エサの状態が確認できて、エサ取りの状況等を教えてくれます。

数投しても状況は変わらず、海底に生えているのか、モズクのような藻が付けエサに絡んで上がってきます。底を這わせる釣りでは、付け餌が藻の中に入り、チヌにアピールできていないと判断し、きっちりタナを取り、藻の中になるべく入っていかないような仕掛けにすることにしました。

3B浮力のウキに変更し、針も2号に交換、潮受けゴムの下にガン玉を打ち、ハリスにはガン玉を打たず自然に付け餌が沈むイメージで、仕掛けが立った頃合いで誘いをかけます。

コーンを2粒針につけ、誘いをかけるとモゾモゾとウキに変化が、アワセを入れるとコクコクと首を振る引きで、40㎝程のチヌが釣れました。

その後、チヌのアタリはなく1時間ほどすると、「フォー」と船の汽笛がなり、エンジン音が近づいてきました。ここは、観光船の遊覧コースになっており、結構な大きさの観光船が釣り場のすぐ先でUターンします。Uターンした後は、一時的に海がかき混ぜられ一帯が沖磯みたいな流れになります。船長の話では、この時に魚の活性が上がり、アタリがあるとの事。観光船が通り過ぎてすぐにウキに変化が。モゾモゾッとした後にスーッと消し込んだので合わせると、まずまずの重量感で姿を現したのは、お腹はペチャンコでしたが、53.8cmの立派な年無しチヌでした。船長、ありがとうございます。その後メイタ1枚とキビレ2枚を釣り納竿としました。

船長の言う通り、観光船が通った後は活性が上がるようで、30cm程のマダイなどもあたってきました。ただ、50分に一回の割合でくる観光船のお客さんの熱い目線と「おーい」という子供の声が何度も浴びせられるのが何とも・・・、船長の「ただねー」の意味が分かりました。

これから、気温も上昇し、暑さと戦いながらの釣りになるとは思いますが、バッチリと熱中症対策をして、磯に足を運びましょう。

1559231002087 1559230986970 1559571173444 1559571148056

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月15日掲載文

フィールドアドバイザー松野徹氏のレポート

某メーカー山形大会に参加!

皆さんこんにちは。
宮城支部の松野です。
5月11日(土)に山形県鶴岡市の庄内磯を舞台に行われた
某メーカー山形大会に参加しました。
当日は天気も良く、波も問題なく釣り日和になりました。
くじ引きを終えて、渡船が港を出ると思ったより波があり、予定より多くの選手が降りることになり釣り座に苦労しました。
スタートはパイロット的に使っている、閃刀チヌミドル3号です。
しばらくコマセを入れますが、フグ等の餌とりは全く現れずに付け餌は丸残りです。
雪代が入っていて、低水温なのでしょう。
少しにごりがありますので、針を極チヌ3号に変更します。
ケイムラの効果で付け餌を目立たせたいことと、ヘビーロックで結び目が針の外側に回ってしまうことを防げますから、針ハズレでのバラしが格段に減りますね。
このような状況では、1尾が貴重になりますから、
この選択でした。
それから30分くらいで待望のクロダイが釣れました。
やはり魚体が冷たく感じました。
その後場所替えを経て、更に運良くもう1尾追加出来ました。
結局2尾で納竿となり帰港し、検量の結果は
船内3位、全体では5位でした。
優勝者は唯一の5尾リミット達成です。
宮城の出雲スタッフも厳しいなか、検量に持ち込み
F会員も釣果を上げてくれました。
今回は食いも渋いなか、しっかりと上唇を貫いてくれた
ヤイバの針に更なる信頼を積み重ねることになりました。

1557622862361 1557622850266 DSC_0150

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月10日掲載文

フィールドアドバイザー岡本昌幸氏のレポート

香川県へチヌ釣り釣行!

今回は、ヤイバテスター芦尾氏とポイント徳島店井上店長、ポイント新入社員の4人で、香川県の仲良し渡船の森君のとこへお邪魔しました。

 

チームアシオ香川メンバーも常連御用達で、今時期チヌは好調‼

 

私が今回使用した針は、ヤイバチヌ&ケイムラ極チヌ。

芦尾氏は、ヤイバチヌ&遠投オキアミチヌ。

 

ヤイバチヌは、相変わらずの安定したやりとりができ、今回初めて、ケイムラ極チヌを使用しましたが、刺さりも強烈で、軸も強く、魚とのやりとりもスムーズでした。

芦尾テスターは、お気に入りの遠投オキアミチヌで、爆釣モードに入ってました。(笑)

 

結果、瀬戸内の激流ポイントで、針、エサのローテーションで52㎝までを4人で楽しみました‼

1557443730106 1557443682865 1557443697024 1557443736737 1557443710842 1557443722920 1557443757156 1557443716925 1557443703815 1557443749515 1557443690642

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月07日掲載文

フィールドモニター出雲信也氏のレポート

男鹿半島のクロダイを狙って!

5月1日と5日に、秋田県男鹿半島の戸賀に乗っ込みのクロダイを狙いに行ってきました。
1日は朝から小雨の降る寒い日でした。釣り仲間と4人で港近くの磯に渡りました。釣り始めより足元にはタナゴとホッケがいました。今回ハリはグレケイムラの7号と8号を使いました。エサ取りは殆ど居ない中アタリを待っていると、隣でヒット。良型のクロダイが釣れました。その後、他のメンバーもクロダイを釣り上げ、隣では2匹目が釣れました。私はと言うと、11時過ぎに何とか1尾釣る事ができました。その後は、潮が止まりクロダイを追加出来ないまま納竿となりました。
5日は2人で行ってきました。今回は港の南側の磯に渡りました。この場所もエサ取りは殆ど居ない感じです。どのポイントがいいか探っていると、隣の磯でパタパタと良型のクロダイが4尾釣れました。私の乗った磯はクロダイのアタはがありませんでしたが、11時過ぎにやっと良型のクロダイが釣れました。その後、同サイズのクロダイが釣れ、同行者も納竿間際に1尾釣る事ができました。
今年の男鹿半島のクロダイは、半島全体で釣れ出すのが早い感じです。しかし、磯によってはフグが多く撃沈する人も。マダイらしきバラシも多く、5日には57センチのクロダイが釣れていました。男鹿半島のクロダイの乗っ込みは始まったばかりですが、釣果情報が多く、今年も楽しみです。

DSC_0244 DSC_0231 DSC_0223 DSC_0218

1 / 6112345...102030...最後 »
page top