磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|イベント情報

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|イベント情報

EVENT INFORMATION

チームヤイバ関西 兵庫支部 第2回懇親釣り大会 レポート

イベント名 チームヤイバ関西 兵庫支部 第2回懇親釣り大会
開催日

平成28年11月23日(水)

開催地 兵庫県南あわじ市沼島一帯の磯
使用施設 川口渡船 tel 080-6156-9220
対象魚 チヌ・グレ・マダイ・他魚
参加資格 チームヤイバ会員 及び 一般参加可(基本的にオープン参加)
報告者 チームヤイバ関西 兵庫支部長 小川泰史
チームヤイバ関西 兵庫支部 第2回懇親釣り大会

チームヤイバ会員の皆さん、またこのレポートを見てくださっているヤイバファンの皆さん、こんにちは♪

 

兵庫支部の小川と申します(^^)

 

11月23日(水・祝)に兵庫県は淡路島の南東に位置する【沼島】にて、2回目となる兵庫支部の懇親釣り大会を行いました。

 

今年は“ヤイバ磯祭り”が小豆島にて開催されましたので、兵庫支部の懇親釣り大会はこの1回となりましたが、それならばウキフカセハイシーズンに行おうと各大会の合間を縫いながら11月の祝日に開催させていただきました。

 

フタを開けると兵庫支部会員の3分の1程でしょうか? 8名の参加者に私と同じくフィールドスタッフを務めさせていただいております妻は少し前に手の手術をした際の痛みが残っているとの事で丘番。指を咥えながら出船を見送ってもらい、沼島へ…

 

今回は沼島に2軒ある渡船店の「川口渡船」さんにお世話になりました。ちなみに前回も沼島で行ったのですが、その時は「とらや渡船」さんにお世話になりました。

 

当日は徐々に北東の風へシフトする予報との事で渡礁エリアも限られる中、好釣果の続く下立付近に降りることが出来ました。

私はこの3日前にも沼島に来ており、その際も下立付近では良型グレの他、全体ではチヌにイサキ、石鯛も出れば、月曜日は良型のマダイも出ており、好釣果を期待しての出船でありました。

 

そして今回、わたくし小川が磯祭り等で動画を撮影・編集させて頂いているという事もある程度知られているという背景もありまして、実際にどんなノリ・どういう懇親釣り大会を行っているか等が分かればという事で、支部運営を兼ねてる兵庫のフィールドスタッフ陣だけで渡礁する事といたしました。

 

また兵庫支部では少人数での大会となった場合「懇親」を前提に、エントリーする魚の駆け引きもせず全てエントリーしてもらったり、ゲスト参加者はお連れの方と上がってもらったりと、その場その時の環境に合わせて楽しんで頂ければという感じで行っております。

 

当日は我々スタッフ3名を除く5名が大会エントリー、そして林会員とお連れの北条氏とのコンビ、下野会員と高橋会員の地元同クラブのコンビ、そしてアンダー2Xでもある堀会員は直前の欠席者も出たりで1人の渡礁となりましたが、各々が降りる3か所の磯全てで先日は良型グレが出ており、1人なので1人磯というよりも、川口船長お勧めの「マニアックな磯」そしてマニアックというのはゴロタな雰囲気にタイトに着くグレ、掛けても切られてしまうというのは先日の釣行で確認済みでしたので、彼には「スキルアップ」という意味も兼ねての渡礁をしてもらいました。とはいえ基本、くじ順です。

 

そして竿出し…ここ沼島のグレは同じ淡路海域のグレとはMAXサイズが違う為、食いが渋い場合はどうしても色々やってしまいがちですが、水温低下時のグレの行動範囲が狭い季節以外は食いが渋いからと言ってやみくもに底を意識した釣りではまず口を使わない。これは私が淡路でグレを釣る際、10年ほどシーズナルパターンや捕食パターンを徹底的に追及(追求と言いながら食べて美味しいから行くのでありますが 笑)した自分なりの結果で、上下運動やサスペンドなど、時としてパターンは違えど、浅い棚で辛抱しながらコマセ徹底して合わせたり、はたまたコマセを撒いた後20~30秒のインターバルを開け、エサ取りが散りだすと同時にフラフラと寄ってくるグレに合わせたりして狙う方が結果効率が良い釣果となります。沼島も淡路の離れ。基本パターンは淡路の釣りとよく似ております。

 

そんな思いで同礁した春名氏・青田氏とワイワイ言いつつカメラを回しながらという中、私も打ち返したのでありますが、エサ取りに翻弄されつつ、そして時にはエサが付いたままで帰ってくる仕掛けに辛抱しながら食ってきたグレは棚1ヒロちょっとで下アゴ掛かり。同じく横で竿を出している青田氏も然り、奥の方では春名氏も「チラホラ見える」という事で同じように打ち返してはいたのですが、風は徐々に強くなり、北東という風向きに釣り辛さも加わり、エサ取りであるオセン(スズメダイ)も姿を消し、たまに出てきても動きが鈍い様子に手を変え品を変え打ち返す青田氏にコブダイも居るだろうけど、どうもマダイっぽいのが見えるという事でターゲットを変えた春名氏とそれぞれ釣りを楽しみながら、私は川口船長と一緒に見回りへ…

 

林会員は30センチクラスのグレを数匹確保していたのだが、他の参加者は「チャリコ地獄」に見舞われており、ひとまず私たちの磯でのヒットパターンを伝えながら、川口船長にもいろいろ聞くと「まともに北東が吹き出すと南のウネリ同様、波で磯もクローズ状態となりますが、漁師さんの間でもよくない環境」との事。なるほど、そういう特徴があるんですね…沼島は。これまたひとつ勉強になったとはいえ「早上がりして茶でも飲みましょうか♪」とは言えませんので時間いっぱい頑張ってもらうのは私も同じではありますが…私は同礁の2人を撮りながら「撮影に飽きたら釣りしよう!」とお気楽モードで磯遊びを楽しみ…そのまま終了してしまいました(笑)

 

やはり結果は厳しいものであり、沼島では有名なチヌの1匹も上がらずというのがそれを物語っていたのですが、潮の通った場所では良いサイズのイサキも混じれば際でもナイスなカワハギが良いお土産となり、そして少人数となった今回、それはそれでお互い顔見知りになれる懇親が図れたかと思います。

 

また、これからの沼島はブランドになっている「チヌ」をメインに、それこそ7ヒロ10ヒロの世界でも上手くアジャスト出来るとそれなりのグレは食ってきます。また今期は水温低下がやや遅く、そして青物を含めた各魚種が豊富に釣れている沼島ですので、このレポートがアップされる年末年始~例年なら完全な冬の海となる成人式の連休辺りでも良い魚に恵まれる可能性はあると思います♪

 

そして今回お世話になった「川口渡船」さんですが、渡船業の他にも「島めぐり」や、夏場はご自身も潜ったりしながら漁師業もされております。まだまだ若い20代後半の船長ですから、いろいろなニーズにも対応してくれます。通年と言う訳にもいきませんが、温かい季節であれば底物のエサ確保にも相談に乗ってくれたり、現在工事中の一文字波止が使えるようになれば女性やビギナーの方でも楽しく釣りが出来るはずです♪

 

最後に…次回の懇親会ですが、近畿でも兵庫の特徴ともいえる日本海側で考えております。そもそも懇親会ですのでそこまでの計画とかはないのですが、兵庫は日本海側から瀬戸内・大阪湾、そして淡路から沼島とフィールドの引き出しは結構なものです。そして是非日本海側にお住いの会員皆さんにご指導を頂きつつ、釣りのスキルアップも出来ればと思っておりますので、日本海側にお住い、もしくは日本海側の方が近いという会員の皆さん、宜しくお願いします。

 

兵庫支部では会員を広く募集しております。今後は懇親大会以外にもお近くの会員同士やタイミングが合えばその釣行に乗っかったりと…会員同士の輪を広げつつ、楽しく運営していければと思いますし、兵庫支部は1人でご入会されている会員さんが多数いらっしゃいます。ですのでお1人でのご入会に不安要素はありませんからお気軽にご入会ください♪

 

一緒にあそびましょう!

 

 

動画はレポートの通りの釣果ですので…兵庫支部の雰囲気だけ感じ取ってください(笑)

 

 

フォトギャラリー

林さん 堀君 青田さん2 優勝者 私 春名さん 青田さん 出船

大会名 : チームヤイバ関西 兵庫支部 第2回懇親釣り大会
開 催 日: 平成28年11月23日(水)  予備日: なし

開催場所:兵庫県南あわじ市沼島一帯の磯
使用施設:川口渡船 tel 080-6156-9220

チームヤイバ関西 兵庫支部 第2回懇親釣り大会 応募方法

開 催 日

平成28年11月23日(水)

予備日

なし

集合場所 川口渡船出船場 (淡路島土生港沼島行きフェリー乗り場横)
受付場所 同上
開催場所 兵庫県南あわじ市沼島一帯の磯
対象魚 チヌ・グレ・マダイ・他魚
使用施設 川口渡船 tel 080-6156-9220
参加資格 チームヤイバ会員 及び 一般参加可(基本的にオープン参加)
参 加 費 6,500円(渡船料金、エントリー料金含む)
*参加費は当日受付にてお支払い下さい。
*エサ、飲食物は各自でご準備ください。
*お車は土生港・沼島汽船乗り場、ターミナルセンターに併設の有料駐車場に駐車して下さい(1日¥500ー)
 (住所:兵庫県南あわじ市灘土生1-10付近)
応募方法 ① 該当エリア支部のチームヤイバ会員の方は、ご案内ハガキが届きますので、そちらにてご応募ください。
  *ご案内ハガキの発送は10月中旬です。
② 該当エリア外支部のチームヤイバ会員及び一般参加希望の方は、主催支部の方かチームヤイバ本部事務局へお電話又はメールにてご応募ください。
申込期限 平成28年11月9日(水) 消印有効
競技規定

①ささめ針の鈎を使用し、竿・鈎とも1本を使用したフカセ釣りに限る。カゴ釣りは一切禁止とする。

②付けエサ・撒き餌の種類と量は自由とする。但し、生きエサは禁止とする。

③クジ引き後、老順番に乗船し、若順番から渡礁する。

④釣座選択は、まず競技時間を前後半の2分の1に分け、釣座を左右半分ずつに分けます。

⑤その後、選手同士で磯割りを行い、ジャンケンで勝った選手から海に向かって右側の釣座に入る。後半戦は場所交代を行う。

⑥瀬替わりは基本的になしとし、天候悪化により船長判断で瀬替わりをする場合があります。

⑦ヤイバキャップ(会員)、フローティングベスト、磯ブーツを必ず着用の上、釣りをする。

⑧大会は個人の自由参加であり、事故等について主催者側は一切の責任を負いませんので、安全対策には万全を尽くして下さい。

⑨競技終了後は、すみやかに道具を片付け、磯をきれいにして渡船を待つようにして下さい。

競技審査

対象魚はグレ・チヌ・マダイ・他魚の4種目の1位審査方法はそれぞれ1匹重量とする

※他魚は長物・ボラを除くその他詳細は大会当日に発表します。

スケジュール

AM 5:00~ 5:30     受付時間

AM 5:40        開会式・競技説明

AM 6:00        出船

PM  14:00        渡船回収時間

(2便出船がある場合)

AM 7:00        2便船 出船

PM  15:00        2便船 渡船回収時間

*競技終了時間と渡船回収時間は原則同じと致しますが、迎えの渡船が来た時には速やかに回収が出来る体制並びに磯の清掃を心掛けてください。

*帰港後検量を行い、集計が出来次第、表彰式を開始します。

注意事項

①試合時間、規定等は状況により、変更することがあります。

②メディア(雑誌、新聞、ヤイバホームページ、ヤイバフェイスブック、ささめ針カタログ等)に本大会の模様や大会参加者の写真、氏名、ご住所(市まで)等を公開させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承ください。

③大会に関わる事故等について、主催者は一切の責任を負いかねますので、各自自己責任でお願い致します。

開催・中止の判断

①悪天候等による開催有無の判断は、大会前日午後1時の天気予報を主催者が確認した後に、決定します。

②開催有無の連絡を直接大会参加者の方へは行いませんのでご注意ください。 悪天候等により大会延期または中止の場合にのみ、大会前日午後3時までにヤイバホームページとヤイバフェイスブックにてお知らせしますので、そちらで確認をしてください。 また主催エリア支部の担当者かチームヤイバ本部事務局までお問い合わせすることも可能です。

ヤイバホームページはこちらから → http://www.yaiba-x.com/

ヤイバフェイスブックはこちらから → http://www.facebook.com/yaibax

③開催が最終決定された後でも、大会当日の状況急変により大会中止となることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
お申込み先

(開催有無のお問い合わせ)

チームヤイバ関西 兵庫支部 支部長 小川泰史 090-3268-5283

チームヤイバ本部事務局 土屋 080-4581-4510

(お申込み)

チームヤイバ本部事務局 080-3240-1638

mail: team-yaiba@sasame.co.jp

主催 チームヤイバ関西 兵庫支部
後援

(株)ささめ針

page top