磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|イベント情報

EVENT INFORMATION

TEAM YAIBA九州 熊本支部 第2回懇親釣り大会 レポート

イベント名 TEAM YAIBA九州 熊本支部 第2回懇親釣り大会
日時 2013.1.13.
参加者 8名
報告者 宝亀真佐儀
TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート
2013年新年を迎え、第2回目のチームヤイバ熊本支部大会を鹿児島県中甑島鹿島で1月13日(日)に開催した。新年早々ということで新年会が重 なったり、インフリエンザにかかったりして支部員14名中8名の参加であった。当日は、台湾近くから爆弾低気圧が近づくという予報で、午後から悪天候とい うことであったが、今回お世話になる誠豊丸の中村船長へ前日電話を入れると大丈夫と一言。 当日は午前4時に串木野港から甑島へと就航。ほとんど波もなく1時間ほどで鹿島に到着。最初に「弁慶」、その後「鳥の巣」に瀬付後、私と本山(兄)氏が、 冷水の壁に上礁した。この場所は、大型尾長グレの実績があり期待できるフィールド。まずは、マキエと仕掛けに取り掛かった。もちろん針は、尾長の当たりを 期待して尾長グレリズム5号をセットした。東の空が明るくなったので、本山氏がワンド側、私は船着場(右側)から竿を出した。 何と仕掛け投入後直ぐに、本山氏の竿が曲がり30cmほどクロを掛けた。今日は、出だし好調とおもったが、この1枚だけで、その後当たりが無く、瀬替わりすることのした。 次の場所は、「西崎の3番」。潮は既に満潮を過ぎ、下げ潮に変わっていたので、南側に本山氏。私は真後ろの北側から竿を出すことにした。第一投目、ゆっく り沖向きに流れる潮に仕掛けを乗せていたら、突然ウキが勢いよく水中に吸い込まれていった。すかさず合わせを入れた瞬間、竿が大きく孤を描いた。しかしク ロと違う引き。イスズミ特有の引きで海面に浮かせた瞬間にガックリ。 直ぐに同ポイントを攻めると又もや当たり。今度は竿を叩くこともなく、ずっしりとした重量感。慎重にやり取りしてどうにかタモに収まったのは、40㎝弱の 地グロ。やっとボウズをのがれてホットした。その後当たりは続かず、反対側で竿を出していた本山氏も35㎝前後を1枚。そこで私は、尾長グレリズム5号か ら少し軽めのサイト尾長・ミドル5号に替え、沈下速度を遅めにした。これが良かったのか、突然竿引きの当たりがあり、同サイズのクロを追加。 その後、潮の流れがなくなったので、遠投して沖の潮目に狙いを変更。50メートルほど流したところで、突然軽く指で押さえていたラインが勢いよく出て行っ た。直ぐにベールを起こし合わせを入れた瞬間、竿が大きく曲がり、手元にずっしりとした重量感。一気に左側に走り出し、瀬にラインが触れた瞬間、ラインブ レイク。自分の腕の未熟さをまたもや痛感した次第であった。 その後、まったく当たりが遠のき、納竿間際に35㎝のクロを追加して終了。 串木野港に戻り、2枚長寸で計量し、1位中野氏・2位大島氏・3位吉田氏、次が私でした。 他魚の部で、鳥の巣に上礁した本山(弟)氏が仕留めた56㎝の石鯛はお見事!! 針は、「閃裂グレ・ミドル5号」を使用していて、ささめ針の強靭さを再認識させられました。 今回、ボウズはいなく全員安打で事故も無く、無事熊本支部大会が終了し、ホットしました。 めでたし!!めでたし!!

大会フォトギャラリー

TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート 西崎3番 TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート 本山(兄)氏
TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート
本山(弟)氏 本山(弟)氏釣果
TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート
本人 本人釣果
TEAM YAIBA中国 2012ヤイバ磯祭りin笠岡 レポート
大会協賛品
page top