磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|イベント情報

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|イベント情報

EVENT INFORMATION

チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会 レポート

イベント名 チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会
日時 2014.3.2.
チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会
チームヤイバ熊本支部大会を3月2日(日)、熊本県天草市牛深で開催した。 当日は、天候はあまり良くなく、熊本市内を出発する時までは雨でどうなることかと、 思っていたが、牛深に着く頃にはすっかり上がり一安心した。 出港は石鯛丸土手船長の気配りで、少し早目の4時30分。全員が荷物を積み込み、本日の大会規定(5枚総重量・横取り方式)を説明し、瀬上がり順のクジ引 きを済ませ船に乗り込んだ。最初に向かったのは風裏の東側の法ヶ島方面で、1番から10番までの5組が降り、その後ガン瀬へと向かった。 残り二組のうち、最初に降りた熊田氏と島田氏が小ガン瀬のカブリ側へ。その後、私と本山(憲蔵)氏が「大ガン瀬の北」に降りた。この場所は石鯛、クロの好 ポイントで期待出来る釣り座である。時間的に少し早かったがマキエを準備した。オキアミ2角に軽めの集魚剤2袋にパン粉2kgを2回に分け、耳たぶ位の固 さになる様に海水を入れて混ぜ込んだ。次に、仕掛けの準備をした。すべて済ませた頃には明るくなり、私は小ガン瀬に向かって右側から竿を出すことにした。 しかし潮の流れがあまりにも速く、全く太刀打ち出来ない状況。重い仕掛けに変更したりしたが、努力も虚しく餌も取られることなく、時間だけが過ぎた。 9時30分ごろになって、ようやく上げから下げに潮が変わり、流れが緩やかになってきた。丁度その時に、目の前の小ガン瀬に乗っていた熊田氏の竿が大きく 曲がった。5分ほどのやり取りでタモに収まったのは60㎝のタバメ。その直後、今度は本山氏に初ヒット。35㎝の丸〃した地クロ。しばらくして完全に下げ 潮に変わり、左から右に流れ始め、本山氏の釣り座からは、沖に流れる絶好の潮流れになった。その後は、本山氏はコンスタントに35㎝から38㎝のクロを ヒット。11時30分には、本山氏が5枚揃えたので釣り座を交代してもらった。私はというと、11時頃にやっと30cmの地グロがヒットしてきただけ。気 を引き締めて釣り開始。ところが5分もしないうちに、潮が止まってしまい、全く当たりがない。残り1時間前にこの釣り座を断念して左下に降りて、サラシ狙 いに変更。針を渋グレ4号から水中で妖しく光る「喰わせグレケイムラ4号」に結び直した。すると第一投目からゆっくりとウキが沈み始め完全に見えなくなる まで待ち、合わせを大きく入れた瞬間、竿が孤を描いた。一気にリールを巻き、魚を浮かせた。30cm弱の小型サイズだったのでタモを使わず振り揚げた。今 度も同ポイントに仕掛けを投入し、当たりを待っていると、ウキが海中に吸い込まれ、ラインを止め、竿引きの当たりが来るまで待った。今度は明確な当りがあ り、35㎝までサイズアップした。5枚まで後一枚になり同パターンで攻めていたら、ラインが一気に走ったので、合わせを入れた。なんと一瞬でハリスをブチ 切られた。尾長の当りだったと思い、急いで針を「尾長サイト5号(ミドル)」に結び直し、仕掛けを投入。又もや大きな当たり。ずっしりとした重量感があ り、なかなか浮上げってこない。 慎重にやりとりをし、やっと浮き上がってきたのは本日一番の良型の地グロ。タモに収め、直ぐにメジャーで測ると40㎝ジャスト。尾長だと思っていたので少 し残念だった。時計を見ると、丁度納竿時間午後1時。帰り仕度を済ませた頃、石鯛丸が迎えに来た。無事港に戻り、ほとんど全員が検量を済ませ表彰式を行っ た。 結果は、1位は私と同礁した本山(憲蔵)氏(3,424g)、2位が汐持氏(2,230g)、3位が橋本氏(1,460g)でした。今大会は14名の参加 で、この熊本支部も会員が少しずつ増え、やっと20名になりました。安全で楽しい釣りをモットーに運営していきたいと思いますので、熊本県在住の方は、次 回大会(6月予定)に参加してみては、どうでしょうか!お待ちしております!!

大会フォトギャラリー

チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会 1位の本山氏 チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会 1位本山氏・2位汐持氏
チームヤイバ九州 熊本支部 第4回懇親釣り大会 大ガン瀬
page top